似合ってるねって言われたいから自分に合ったサングラスを選びたい!サングラスコーディネイト


日差しがきつい毎日が続いていますが、そんな夏の日の必須ファッションアイテムと言えば、サングラスではないでしょうか?

4月~8月は1年のうちで最も紫外線量が多くなる時期。紫外線は皮膚だけでなく、眼にもダメージを与えますので、ファッションだけではなく、紫外線対策にもサングラスは欠かせないものですよね。

買い物やデート、ドライブにランニングとこの時期の外出にはオシャレのワンポイントとして大活躍のサングラスですが、勇気を出してかければ「セレブ気取り?」と言われ、モードなフレームに飛びつけばなんだか悪目立ち……となかなか納得のいかないのも事実。

というのも、そもそも、本当に自分に似合うベストマッチのサングラスを選んでいるか?という問題。

今、女性に大人気のバタフライ型やティアドロップ型、顔立ちが引き締まって見えるスクエア型など、色々な種類のサングラスがありますが、サングラス選びのポイントはどれがカワイイではなく、どれが自分に似合うかどうか?です。

そこで今回は夏だけではなく、オールシーズンに渡ってオシャレのワンポイントをきめてくれる自分に似合うサングラスコーディネイトを紹介。

顔の輪郭、形別サングラスの選び方から、正しいレンズの選び方、最新サングラスカタログやおすすめサングラスコーデ・スナップまで、あなたのサングラスファッションをワンランク上げる情報満載ですので、是非、あなたのファッションライフに役立てて下さい。

似合うサングラスの選び方


夏のおしゃれアイテムに欠かせない「サングラス」。

でも、サングラスをかけた自分の顔に「なんだかしっくりこない」。そんな経験、ありませんか?

サングラスがしっくりこない、似合わないのは自分の顔にサングラスが合っていないから。

似合うサングラス選びの隠れたコツは、「自分の顔の特徴とは逆の要素を持ったサングラス」を選ぶこと。

自分の顔の形や輪郭をまずおさえて、あなたに似合うサングラスを選んで下さい。

似合うサングラス選びのコツ


スタイリストたちがすすめる似合うサングラス選びのコツは、「自分の顔の特徴とは逆の要素を持ったサングラス」を選ぶこと。つまり、自分の顔に足りない部分を、サングラスで補う…という考え方。

そこで、まずは自分の顔の輪郭から似合うサングラスを探してみましょう。

顔の形別似合うサングラスの選び方


■オーバル → 卵顔、四角顔の人向け
オーバル…卵顔、四角顔向け
卵型は、顔型としては理想的なので、どんなカタチのサングラスを選んでもたいてい似合います。四角や直線的なカタチは、フェイスラインをよりスッキリ見せることができますし、楕円形・卵型のフレームはナチュラルで柔らかな印象を与えます。クセがなく顔なじみも良いので、どんなファッションや髪型にも合わせやすい形。

■バタフライ → 逆三角形顔、面長顔の人向け

バタフライ…逆三角顔、面長

顔が細く面長の馬顔タイプの人は、顔の長さを感じさせない、丸みを帯びたフレームやティアドロップのサングラスが似合います。特にバタフライタイプのフレームは、顔の大部分を覆い隠してくれるので小顔に見せる効果があり。個性的で強いインパクトのあるスタイルに最適。

■スクエア → 逆三角形顔、丸顔の人向け

スクエア…逆三角、丸顔

丸顔の人は、ふと目のフレームで、インパクトが比較的強いサングラスが、おすすめ。特に角のあるシャープなスタイルが顔を引き締めて見せる効果あり。特に目と目の間が離れている人が個性をアピールするのに有効。

■ディアドロップ → 面長顔の人向け

ティアドロップ…面長

大きなレンズが顔の表情を隠すため、セクシーでクールな印象を与えるのに最適。セクシーさを強調したい方にオススメ。

サングラスで小顔効果を狙うなら


どうせサングラスをかけるなら、やっぱり『顔を小さくみせたい!』『小顔になりたい!』と思ってしまいますよね。そこで、小顔に見えるサングラスの選び方を紹介します。

1.基本は大きめのサングラス

小顔効果に最適なのは旬のビッグサングラス。顔を半分ほど覆ってしまうので、小顔効果が手軽に出せます。逆に小さいサングラスをかけていると、顔の輪郭が強調され、顔が大きく見えてしまう傾向にあるので要注意。

2.フレームは少し大きめがオススメ

顔の見え方を変え、小顔に魅せるのが、大きめフレーム。顔の大きさと同じ位のフレームか、顔幅より少し大きめのフレームにしましょう。逆に小さいフレームを選ぶと、顔の大きさが強調される場合があります。ですが、顔の輪郭から極端に出過ぎるフレームは、全体のバランスを崩してしまうことがあるので、注意つけましょう。

3.フレームの形はスクエアがベスト

一見あわせにくいように見えるスクエアですが、角のあるシャープなスタイルが顔を引き締め、キリッとした印象になるため、丸みを帯びた輪郭をスッキリ見せる効果があります。

4.フレームの色は濃い系

フレームのカラーはブラック系が1番おすすめ。次に茶系、濃い赤系の順番。濃いめの色のフレームだと、顔が引き締まって見えます。逆にベージュなどの肌なじみの良い色を使うと、優しく上品なイメージになりますが、薄い色は、顔全体のイメージがぼけてしまうことがあります。

顔に合わせたサングラスの選び方
春になり日差しが眩しくなってきたので、サングラスを買おうと思いました。色々なデザインがある中で、自分に似合うサングラスを見つけたいですよね。そこで顔に合わせたサングラスの選び方をまとめてみました。参考にしつつ、サングラスはファッションなので堂々とかけて楽しみましょう。


諦めてた人に朗報?本当に似合う「サングラス」の見つけ方
最近、街中でよく見かける「サングラス」。かけたいけど、似合わない&恥ずかしい…顔の形によって似合う型が違うようなので、調べてみました。