芸能界に入りたい!アイドル・俳優・芸人、夢が叶う、芸能界デビュー方法


芸能界に入りたい!

歌手、アイドル、女優、役者、お笑い芸人。

小さい頃から夢見た芸能界。あの華やかな世界でいつか活躍したい!

「でも、どうすれば芸能界に入れるの?」「アイドルになるにはまず、何をすればよいの?」「スカウトされるのを待つしかない?」などなど、夢をつかむためのとっかかりがわからない人も多いかと思います。

そこで今回はそんな芸能界入りを目指す皆さんの第一歩目を支援する情報大まとめ!

人気アイドルや有名女優、有名芸能人のデビュー秘話や芸能界入りしたきっかけから芸能界事務所やモデル事務所への所属方法、オーディション情報やオーディションに受かるコツなど、絶対にアイドルになる、役者になる、芸人として成功すると心に誓った人たちに役立つまとめをまとめてみました。

芸能事務所、モデル事務所に入るには?

芸能界入りするにはまず、芸能プロダクション、いわゆる事務所に所属する必要があります。それでは芸能事務所に入るのにはどのようにすればよいでしょうか?

芸能事務所に入るには、大きく分けて4つの方法があります。その4つとは、「オーディション」、「スカウト」、「養成所」、「業界内の紹介」。

オーディションを受ける

オーディションに応募し、選考を通過すれば「優勝」とまではいかなくても芸能界への道は開けます。ジャンルやオーディションの種類によって、合格後の流れや求められる素質は様々です。

応募前にオーディション内容をよく見て、「オーディションに合格することで、何が手に入るのか?」、「応募者には(演技や歌の上手さなど)どんな要素が求められているのか?」をよく確認し、自分に合ったオーディションに応募するようにしましょう。

応募写真

自分が魅力的に見える服装にしましょう。女性であれは短パンなどといった自分の体のラインがわかる服がおすすめです。自分で撮影するのではなく他の人に撮ってもらってください。人によってはプロのカメラマンさんに撮っていただく方もいるそうです。(オーディションによっては多少条件が違うことがあります。なのでしっかりとどんなオーディションでどんな条件で何をするのか目を通すことを忘れずに!)

書類

たいていのオーディションではオーディション会場で見ていただく前に書類審査があります。写真・なぜなりたいのか・他の人にはない自分だけの魅力(特技など
この三つは特にしっかりと考えて記入してください。

書類審査に合格したら 2次審査

次は二次審査です。歌やダンス・ポージング・特技披露・自己紹介などをします。
正直、芸能事務所によってどんな子を求めているかかなり違います。なので一概には言えないところがありますが基本的には才能、スタイル(ルックス)、実力です。

年齢は若い方が育成がより長い期間出来て仕事も多いのでチャンスはあります。でもだからと言って若い方しか受からないのかと言われたらそれは違います。会社によっては即戦力を求めていることもありますしさっきも言ったように一概には言えません。

スカウトされる

渋谷や原宿など、人々が集まる場所で、芸能事務所や制作関係者にスカウトされれば、一気に芸能界入りへの道が開かれます。このように「人をスカウトすること」を専門にしている人を、「スカウトマン」と言います。「スカウトマン」は街行く人々の中から、才能のありそうな人を見つけ出して、自分の芸能事務所に所属させたり、仕事を紹介したりします。

ただしスカウトマンの中には、身分を偽り、芸能人になりたい人を騙そうとする「偽物のスカウトマン」や、怪しい仕事を紹介してくる「アングラ系のスカウトマン」など、非常に悪質なスカウトマンも存在します。たとえ相手がどんなに信頼できそうに見えたとしても、決してその場ですぐに返事をしたり、付いていってはいけません。自分の連絡先や名前なども明かさないようにしましょう。

スカウトをされたら、相手の名刺をもらいましょう。(名刺を出さないスカウトマンは論外です)そして家に帰ってから家族とよく相談して、確実に信頼できることを確認してから次のアクションを起こすようにしてください。

養成所に入る

養成所は、芸能界を目指すための「訓練所」、芸能界専門の「学校」のような場所です。養成所やスクールに入ることで、芸能界に入るために必要な能力を鍛えることができます。養成所は定期的にオーディションや芸能事務所への紹介も行なっているので、何もしない人に比べれば、ずっと有利な環境に身を置くことできるのもメリットです。

ただし「養成所を卒業=芸能界入り」ではない、という点には注意が必要です。養成所はあくまでも、芸能界を目指すための「訓練所」ですので、最終的な選考を通過し、芸能事務所に所属するためにはそれ相応の実力が必要になってきます。

業界内の紹介

意外と多いのが、芸能界内での「紹介」です。「親戚が芸能プロダクションのお偉いさんだった」、「知り合いが有名イベントのプロデューサーだった」というルートから芸能界に入る人もたくさんいます。

しかしこの方法をとるためには「芸能業界とのつながり」が必要不可欠です。何もないところからスタートする場合は、やはり地道にオーディションをこなしていくことが重要になります。また仮に芸能事務所に所属できたとしても、その後活躍できるかどうかは本人の実力次第です。

アイドル・芸能人のデビューエピソード

順風満々に芸能界デビューする人はごくわずか。テレビや雑誌で活躍する芸能人の多くは数々の苦労をしている人がほとんどです。そこでそんな彼女ら、彼らの芸能界デビュー秘話まとめをまとめてみました。

スカウトされた馴れ初め

芸能界へ入るきっかけに「自分から応募する」なんて事もありますがやっぱり多いのが「スカウトされた」です。そこで大人気女性芸能人のスカウト秘話をご紹介します。

山崎賢人さん

中学生の時に竹下通りにあるサッカーショップでスカウトされたのが芸能界へのきっかけ。

桐谷美玲さん

高校1年生だった15歳の夏、地元の千葉で現在の所属事務所にスカウトされ芸能界へ。スカウトといっても、桐谷本人が直接声をかけられたわけではなく、周囲への聞き込みから情報を得た事務所側が突然桐谷の携帯に「こういうものなんですけど、会えますか?」と電話をかけてきたのだという。

高良健吾さん

高良さんは、高校生の時に「地元熊本県でスカウト」されて芸能界の道を歩み始めました。当時は「スタッフ兼モデル」として活動していたようですね!

小松菜奈さん

原宿でスカウトされ、なんと小学校6年生でモデルデビューをはたすことに。『ニコ☆プチ』や『CUTiE』などのファッション雑誌で活躍していました。

広瀬アリスさん

小学校6年生の時に地元の「清水七夕祭」でスカウトされたことがきっかけで芸能会デビューしたということです。

早見あかりさん

小学校6年生のとき、池袋で買い物中に現事務所にスカウトされました。2008年ももいろクローバーに加入。その後、女優に転身。

大野いとさん

中1のときに地元福岡で映画『おっぱいバレー』の撮影をやっており、見学していたところ、綾瀬はるかのマネージャーにスカウトされホリプロに所属。

林遣都さん

中学の修学旅行で東京に来ていたときに、渋谷駅のホームでスカウトされる。そのときは書類だけ渡され、地元の滋賀県にそのまま帰る。そのあと地元から近い大阪で事務所の人と面接をしスターダストプロモーションに所属。

竹内結子さん

高校入学前に、友人と初めて行った原宿でスカウトされスターダストプロモーションに所属。

岡田将生さん

中学時代、友人と原宿で遊んでいたところをスカウトされた岡田さん。しかしバスケットボールに打ち込んでいた当時、すぐに返答はしませんでした。その後、高校生になりバスケ部を引退したタイミングで、スカウトマンに渡された名刺から事務所に連絡し、デビューに至ったそうです。

貫地谷しほりさん

中3のときに新宿駅のホームでスカウトされる。スカウトしたマネージャーによると、電車の中でうるさい女子学生の集団がいて、そちらを見てみたら可愛い子がいたので、新宿で降りたときに声をかけたとのことである。

吉高由里子さん

高1のときに、遠足のために帽子を買いに行った原宿でスカウトされる。お店の中をぴったりとついてきたので、万引きGメンかと思っていた。スカウトしてきたのがふくよかな女性で、声をかけられたとき、女性が棒と棒の間に挟まっており、その間をすり抜けて出てきたのでびっくりしてその女性に連絡先だけ教えてその場から逃げてしまうがウィルコーポレーション(後にアミューズに吸収合併)に所属する。

藤原竜也さん

池袋でスカウトされた藤原さん。デビューをかけた舞台のオーディションでは、最初の書類審査の時点で落とされていたんだそうです。しかし、落選者の束に藤原さんの履歴書を見つけた事務所社員が、合格者の箱にこっそり紛れ込ませます。その後も落ちるたびに、この社員が合格書類の束に藤原さんの書類を移し替えて……審査を通過していきました。この女性は後に藤原さんのマネージャーになりました。

柴咲コウさん

中3のときに、友人と池袋のサンシャインシティに来ていたところをスカウトされる。当時は受験生だったため、高校に進学後、スターダストプロモーションに所属する。

ローラさん

高校時代に渋谷でスカウトされモデル業を開始して今に至る。

桜庭ななみさん

中3のときに、地元鹿児島のゲームセンターで友人とプリクラをとっていたところ
可愛い女の子がいると評判を聞きつけたスカウトマンがやってきてスカウトされ、スウィートパワーに所属する。

佐藤健さん

高校生の時に原宿でスカウトされてアミューズ事務所入り。2006年、ドラマ『プリンセス・プリンセスD』で俳優デビューを果たしました。

山田孝之さん

バーゲンに来たお姉さんの荷物持ちとして原宿を歩いていた中学生の山田さん。女の子と間違われ、ファッションビル「ラフォーレ原宿」の前でスカウトされました。いまはワイルドな外見ですが、当時は美少年でしたよね。ちなみにこの時、山田さんが着ていたオレンジのジャージがすごく目立っていたそうです。

夏帆さん

小5のときに、母と双子の弟と原宿の表参道を歩いたところ声をかけられる。弟がスカウトされたのだと勘違いし、夏帆本人は歩いて去ろうとしてしまうが、スカウトマンは一緒にいたお母さんに話かけて名刺を渡す。過去にも何度かスカウトされ断っていたが、話を聞いていくうちに興味を持ちスターダストプロモーションに所属。

福士蒼太さん

高校に入学後、友人と渋谷に行ったときに、声をかけられて撮影された写真が雑誌に掲載され、その写真を見た研音のスタッフからスカウトされたといいます。

黒木メイサさん

沖縄で暮らしていた黒木さん。スカウトに声をかけられたのは、ひとつ上のお姉さんでした。この時に、妹のプリクラを見せたことをきっかけに、事務所社長が自宅に訪れます。しかし会うのが嫌だったメイサさんはテレビの裏にずっと隠れていたそうです。夜の遅い時間になっても社長が帰る気配がないことから、根負けしてようやく顔を合わせることになりました。やがて上京し、事務所の寮では堀北真希さん同じ部屋に住んでいましたよね。

榮倉奈々さん

2002年、中学三年生のときに渋谷の「109」前で スカウトされ芸能界入り。その後、女性向けファッション誌 『SEVENTEEN』の専属モデルになりました。

向井理さん

大学卒業後、バーの店長を務めており、そのときに雑誌のストリートスナップに掲載。その雑誌を見た現在のマネージャーにスカウトされ、ホリエージェンシーに所属。

堀北真希さん

女優やモデルのスカウトといえば渋谷や原宿などの、イケてる若者の街での華のある勧誘のイメージがありますが、当時中学生の真希ちゃんがスカウトされたのはなんと畑の中。

佐々木希さん

佐々木希は、秋田のファッション雑貨屋「流行屋」でのバイト中にスカウトされ、芸能界への切符を手に入れている。「週刊ヤングジャンプ」のスタッフが佐々木希を見かけ同雑誌の美少女コンテストに写真を載せ結果グランプリになったことがきっかけ。

どうしたらスカウトされる?

スカウトで芸能界デビューしたタレントは数多くいますが、一体どこに行けばスカウトマンに声をかけてもらえるのでしょうか?

スカウトマンはどこにいる?

NO、1スポットはもちろん原宿。その中でも、GAP前がスカウトされやすいところです。また、竹下通りの入口もたくさんスカウトマンがいます。渋谷は原宿ほどスカウトマンはいませんが、2番目に多いところです。



おすすめ記事