この会社、ブラックだった○| ̄|_- ブラック企業まとめをまとめてみた-


社員を駒としか思っていない、ブラック企業。そんな企業に就職してしまったら、最後、今までの就職活動が無駄になることに。

ブラック企業の特徴をしっかり把握して、間違ってもそんな会社には就職しないよう、気をつけましょう。

「おう!内定決まったぜ!もう就活ともおさらばさ!」「ちょ、お前、そこの会社、ブラックだから。。。」

「ブラック企業に入ってしまった。死にたい」なんてことにならないように、ブラック企業まとめをまとめてみた。死にたい。

今更聞けない、ブラック企業って何?

就活シーズンになるとよく聞くようになる「ブラック企業」。

でも、ブラック企業って、一体どんな企業なんでしょうか?

ブラック会社とは新興産業などにおいて若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指します。

ブラック企業は概してその業種に対する経験・知識が全くない者でも勤まるような労働集約型産業的な体質の企業が多く、とにかく多くの人手を必要としているため、正規・非正規雇用のいずれにしても一般的な企業に比べて入社は比較的容易であり内定・採用も早いのが特徴。

しかし、裏を返せば労働集約的な体質の企業においてそれは「代わりはいくらでも入ってくる」ということであり、末端の従業員とは(短期間での離職を前提とした)使い捨ての消耗品も同然の存在でしかなく、常に新人を募集し続けています。

入社後には厳しいノルマや長時間労働、サービス残業などの一方的な企業利益を求められ、人のやりたがらない仕事・割に合わない仕事や理不尽な仕打ち、不可解な人事考課、手柄の横取り、低賃金などに苦しめられ、やがて肉体・精神ともに疲弊し破綻をきたし、最後には企業にとっては用済みの人材として自己都合退職に追い込まれることになります。

ブラック企業とは
ブラック企業またはブラック会社とは、広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。

ブラック企業の実態

  • 労働時間が1日12時間以上で、残業手当無し。
  • 給料が安い、頑張っても昇給しない。
  • 入社3年以内の離職率が高い。
  • 仕事が誰でも覚えられ、体力勝負で数年後にボロボロになり捨てられる。
  • 30になって給料が上がってくると首を切られる。
  • 会社自体ネットでかなり叩かれている。
  • 他人に入社を勧められない。

それどころか、最近はパワハラで萎縮させるたり、損害賠償しろと脅してきたり、なんと離職票を出さないなど、会社員が辞めたくても辞めさせない企業も急増中。

奴隷にする為…退職拒否をするブラック企業が急増
退職を拒否するブラック企業が増えているらしい。恐ろしいので調べてみた。


いやいや。ネタとかじゃなく、ブラック企業に入ってしまったかもしれない\(^o^)/
もう、はいっちゃったらどうしたらいいのか。気になりますね。笑えないですよね。現在6月。新卒で入って約半年、研修も終わって本業務に。あれ?と思う人もいるのではないかでしょうか。


現役ブラック企業社長が、社員を安くこき使う華麗な手口を暴露!
どのような会社でも、入社前、外からでは、その内情をうかがい知ることはできない。では、もしブラック企業に入社してしまった場合は、どうすればいいのだろうか。できるだけ早く、まっとうな企業に転職するしかないだろう。決して我慢して長く勤めようと考えてはいけない。


笑えないブラック企業あるある【5個あてはまったらアウト】
つぶやかれるブラック企業あるあるまとめ。5個あてはまったらあなたの会社もブラック確定w


笑える?Twitterを爆笑させた「ブラック企業」ツイートベスト10
2010~2013年にツイッターで話題になった、ブラック企業をネタにした10ツイートを人気順に並べました。※新しく話題になったツイートが生まれたらランキングに追加します。

ブラック企業の特徴

ブラック企業に入社してしまうとこんな状況になってしまいます。

  • 労働法やその他の法令に抵触、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いる
  • 関係諸法に抵触する可能性がある営業行為や従業員の健康面を無視した極端な長時間労働(サービス残業)・労災隠しを従業員に強いる
  • パワーハラスメントという暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な部分で非合理的負担を与える労働を従業員に強いる

そんなことにならないよう、ブラック企業か、そうでないのかを見極めるためにその特徴をおえておきましょう。

  • 面接官が名前を名乗らない。
  • 休日でも会社から電話がかかってくる。
  • 辞めて行く人全員が、“話と違う”と言って辞めて行く。
  • 同僚の会話の話題はギャンブル、男女、酒しかない。
  • 根性論中心の営業職、精神論中心の社風。
  • 年中求人広告。
  • 社員の過去の経験・知識を徹底的に否定し、社長のカラーに染めようとする。
  • 職場見学に行くと社員がにらみつけてくる。
  • 生活習慣病にかかりやすい乱れた勤務内容、勤務形態。
  • 成果主義の評価が曖昧。
  • 定時になると強制的にタイムカードの退勤手続をさせる。
  • ベテランや高度な技術者が居ない。
  • 社員教育や社員研修が洗脳的である。
  • 親族・友人の冠婚葬祭への出席もままならない。
  • 入社後の離職率が高い。
  • 入社日が近いのに何の連絡も無い。
  • 契約書の目立たない箇所に最も大事な文面を入れる。
  • 業務で失敗した損失を自腹。
  • 会社の備品を自腹。
  • 給料が上がってくる年齢で突然解雇される。

【就活中】ブラック企業の体質と特徴をまとめたワード集【新卒必見】
労働基準法などとは無縁、福利厚生もあるようでない…。具体的な苦痛から心身ともに疲弊する精神的苦痛までさまざま。わかるようでわからないブラック企業の体質と特徴をまとめてみました。気づくのが入社前なら注意する! 入社後だったら覚悟しましょう!