今、買うべきビジネスシューズ スーツ姿を3倍格好良くする革靴カタログ


三陽山長(さんようやまちょう)

紳士靴を中心とした高級靴・鞄・革小物・雑貨のトータルブランド。世界最良の素材を駆使し、日本の伝統職人の匠の技による物作りで、「和」をベースとしたオリジナルテイストを表現。セレクトショップ、デパートで取り扱いがあります。

コストパフォーマンスの高い革靴カタログ

おしゃれをしたいけど、小遣いが。。。そんな人におすすめするコスパ最高の革靴カタログまとめをまとめてみました。

Berwick(バーウィック)

創業300年以上!という長い歴史に裏付けられた高い品質とベーシックでありながら美しいデザインに定評があり、抜群のコストパフォーマンスを誇るブランド。スタンダードながら魅力的なデザインで、2万円台のものが中心です。

Carmina(カルミナ)

その歴史はオーダーメイド靴を作る小さな工房まで遡ることができるスペインの老舗「カルミナ」。デザイン性の高さや仕上げの美しさ、履き心地の良さはいまや、イギリス靴に拮抗する評価を得ている。6万円台から。

Cordwainer(コードウェイナー)

ブランド名であるCordwainerとは、「靴職人」の意味。 グラマラスでセンシュアルなデザインが魅力のブランドでありながらも、 名前には裏方とも言える存在の「職人」というワードを冠したその所以は、 グッドイヤーウェルテッド製法を得意とする「職人のプロ集団」によって成り立っているからに他ならない。3万円前後が中心。

MAGNANNI(マグナーニ)

カラーリングやフォルムが特徴的で、日本でもかなり人気のあるブランドです。4万円台から。

PERTINI(ペルティニ)

サイドから見えるソールの切り返しなど、デザインに特徴があるブランド。2万円台からとコストパフォーマンスも高いです。

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

海外製の高名な靴ブランドと肩を並べる「Made In Japan」のスコッチグレイン。オンでもオフでも使える革靴が3万円以下で買え、日本製という事だけあって値段以上の質感を感じさせます。



おすすめ記事