あなたの息の臭い、噂になってるかも?絶対臭わない口臭対策決定版


あなたは日頃の口臭ケアしていますか?

実は臭いとその人の印象って密接な関係があるんです。

だから、いくらおしゃれしてキレイな人、カッコイイ人になっても、いくら優しく人と接して、性格がいい人になっても、口が臭いとそれだけで相手に対する印象は最悪。良い人なんだけど一緒にいたくない人になってしまいます。

口臭だけで全否定されるなんてバカバカしい、簡単ケアでしっかり口臭対策しましょう。

そこで今回はすぐ出来るお手軽口臭対策、口臭予防まとめをまとめてみました。

なぜ口が臭くなるのか?という口臭の原因から、口臭の対策・予防、そして正しい歯磨きの方法など、口内ケアまとめなど、口臭とはさよならして、キレイな息になるための情報をまとめいますので、是非、日々の口臭予防に活用してください。

知らないではすまされない口臭問題

自分では気づかないお口の臭い、あなたはちゃんとケアしていますか?

『口が臭い』もうそれだけで嫌われる今、彼氏・彼女ができない、出世できない、友達になりたくないなどなど、口臭は人間関係に多大な影響を及ぼしているって知ってましたか?

「口がクサイという理由で友達やめる」98%

若い女性を対象に、口臭意識の実態、口臭と対人関係について調査を行った結果、自分の口臭が気になり、人と距離をとったことがあると回答した人は99パーセントであり、他人が自分の口臭を気にしていると考えている人は69パーセント。

他人の口臭が気になり、距離をとったことがあると回答した人は98パーセント。

口臭が気になる人として、友人、電車などで乗り合わせる人、父、母、学校の先生が上位にあげられました。

「同僚の口臭が気になることがある」と答えた人は9割

20~30代の会社員にアンケートの結果、およそ9割の人が「社内に口臭が気になる人がいる」との回答し、仕事上ふれあう男性に対し、「エチケットとして、最低限ここには気を使って欲しい」と思う身だしなみを聞いたところ、84.2%が「口臭対策」と答えた。

また、相手の口臭が気になり始める距離感として、一番多いのが、パソコンを見て話す距離感30cmで60.2%。次に多いのが、31.8%の立ち話をする際の距離感1mであった。

更に「ニオイは職場での評判を左右すると思う?」との質問には、80%が「思う」と回答。

女性は匂いに敏感

女性は、感じたニオイが感情と結びつきやすいため、ニオイが好きではない人と一緒にいても感情が上がりにくいことがわかっています。

口が臭い人とは友達やめる、98%【口臭予防法紹介】
自分や他人の口臭が気になる人が多くいることがわかりました。口臭予防法と一緒に紹介します。


ニオイは職場での評判を左右する?!『スメルハラスメント』に気を付けたい
「ニオイは職場での評判を左右すると思う」人は8割?!自分のニオイはなかなか気づきにくいもの。スメハラ加害者にならないために、自分の口臭、体臭には気を配りたいです。


もてない理由は口臭だった!8割の女性が気を使ってと回答
「同僚男性にエチケットとして、最低限ここには気を使ってほしいと思う身だしなみ」1位が口臭対策、2位が頭の匂い対策と、女性は男性の嫌な匂いが一番いやなことがわった。もてない理由は口臭、頭の匂い。

気になる口臭の原因とは?

口臭の原因は人それぞれ。口の臭いの原因を知って、それに合わせた対策・予防をしましょう。

飲食物の影響

匂いのもとは主にニンニク、コーヒー、アルコールになります。

ニンニク

「ニンニクの不快臭」の本体であるAMSは食べた直後から食後16時間後まで検出され、官能評価においても、他人も自分もその不快臭を感じるほど臭うことがわかりました。

コーヒー

コーヒーは著しく口の中のpHを低下させると同時に飲みすぎると唾液分泌を抑制するからです。口の中のpHが低下すると口臭を引き起こしやすい環境を作っていきます。

アルコール

アルコールは分解されると、アセトアルデヒドになり、そして脱水素酵素により酢酸に分解されてゆきます。その酢酸のすっぱい臭いとアルコールの臭いが混ざり臭い口臭を作り出します。

虫歯や歯周病、歯のかぶせもの、義歯など歯が原因のもの

歯周病・歯槽膿漏の症状が進行した場合、強い口臭となります。また、虫歯の中で細菌が繁殖すると、詰め物の中という狭い空間で細菌が発酵してとてつもない悪臭を放ち、この場合、いくら歯を磨いても悪臭は消えません。

義歯(ぎし)や金属冠ブリッジも注意が必要。入れ歯の様に、吸水性があるので、清潔にしていないと唾液の中の細菌が付着し、その中のバクテリアの働きによって、悪臭が発生してしまいます。そのため、歯医者さんに定期的に、歯の状態を見てもらったり、歯石の除去をしてもらったりしてもらいましょう。

口内不衛生、舌の苔

口内というのは人間の体で一番不衛生な場所だといわれ、口内の細菌が産生する「揮発性ガス」が口臭の原因の大部分です。また、舌にコケのように付着した汚れ(舌苔)も口臭の大きな原因になります。

口の中を清潔に保つためにも最低1日1回徹底的に歯磨きをし、歯磨きの際は軽く舌をブラッシングして舌苔を落としましょう。

口呼吸

口で呼吸をした場合、口の中が乾燥し唾液の分泌量が不足してきます。そうなると、口の中の細菌が増加し、虫歯や歯周病になりやすく、その結果口臭が発生することになります。

胃弱・胃もたれ

胃の働きが悪くなると臭いの元になる物質を胃では消化しきれず血液中に流れてしまいます。その物質が肺まで到達し、それが呼吸として排出されるので臭いが発生します。

緊張、ストレス

緊張やストレスを感じると、体の神経や分泌腺の働きが低下してしまうため、唾液の分泌量が減少してドライマウスの症状が出てしまいます。その結果、口の渇きが原因で、口臭が発生してしまいます。

無理なダイエット・糖尿病

急激な食事制限に加えて、運動不足の場合、代謝がうまく状態におちいるため、ちょっとキツメの口臭や体臭の臭いがします。

また、糖尿病が進行し、頻繁に肝臓がケトン体をつくるようになると、糖尿病性ケトアシドーシスという病気に進展し、甘酸っぱい臭いのケトン臭はさらに強くなります。

鼻や肺の病気、高熱

蓄膿症の膿は非常に臭いです。この膿の強烈な臭さが鼻腔から口腔を通り抜けて口から発臭してしまいます。

また、気管支・肺の病気では、気管支拡張症(きかんしかくちょうしょう)、肺化膿症(はいかのうしょう)などが口臭の原因となりえますし、高熱がある場合でも口の中がねばり、口臭がおこります。

それ以外では、肝不全が高度になると尿のような口臭がおこります。

臭い玉

膿栓というのは、扁桃腺にたまる細菌の死骸と膿のかたまりで、咳をした時などに喉の奥から小さな球状の塊として、飛び出してくることがあります。これを潰すと、とんでもない臭いを発生します。

シェーグレン症候群、口内の乾燥

シェーグレン症候群は涙腺、唾液腺などを始めとした、全身の外分泌腺に系統的な慢性炎症をきたし、外分泌腺の機能低下にもとづく乾燥症状を引き起こすのが特徴です。そのため、口も乾燥し、菌の繁殖が進みやすくなることから、結果的に口臭がします。

悩みの種【口臭】の原因すべてまとめます
口臭は気を付けていても誰にでも起こりうるものです。そして、何より厄介なのが自分ではあまり気が付かないということです。その悩みの種の口臭の原因を全てまとめてみます。


飲酒すると不快な口臭がする原因と対策・口臭チェック法
飲酒をすると誰しも同じではありませんが、口臭がしやすくなります。特に毎日飲酒する習慣がある人は臭いがきつくなる傾向にあるようです。そんな、飲酒で口臭がする原因と対策、自分の口臭を簡単にチェックする方法などをまとめます。

口臭対策の決定版

口臭の原因は人によって違いますが、多くが舌苔とも言われています。そんな舌ケアを中心とした口臭対策法を紹介します。

いつも歯磨きにプラスして口臭対策

朝、食事の後、寝る前の歯磨き。そんないつもの歯磨きにちょっと一手間加えて口臭予防を徹底しましょう。

舌みがき

口臭の原因の1つになっている「舌苔(ぜったい)」。この舌苔は朝起きた時が1番が多いため、舌みがきは毎朝、歯みがきした後にするのが効果的。