冷え性対策最前線!原因を知って対策する冷え性改善法


今や女性だけではなく、男性の間でも急増している冷え性。

手足が寒くて眠れない、靴下を履くなど、いくら厚着しても寒くて仕方がないなど、特にこの時期、ツライ冷え性に悩む人が増えています。

冷え性の原因は血行不良と熱の産生不足と言われていて、体を冷やす刺激が多いと増々、ひどくなるのが特徴です。

しかも、この冷え性は放っておくと様々な病気の元となる曲者。病気にならずとも、肌荒れやくすみなどを引き起こし、綺麗でいたい女性の敵とも言える存在なんです。

そこで、今回はそんな冷え性を克服するための冷え性改善方法を大特集。

冷え性が引き起こす様々な症状から冷え性の原因、そして、運動療法や食事など、体を温め、冷え性を改善する方法まとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

本当はとっても怖い冷え性

もう冷え性は体質だから、どうしようもないと諦めていませんか?何もせず冷え性をそのままにしておくと、思いもよらない病気を引き起こす可能性もあり、大変、危険です。

冷え性って一体なんなの?

冷え性とは一般的に、「手足や腰、下半身などがいつも冷たい症状、またはその体質」のことを指します。

冬場に手先や足先が冷たくなるのは、当たり前のこと。でも、外気温によって冷やされる程度ではなく、手と足の先端が温まりにくく、慢性的に冷えているような感覚があるときや体の他の部分は冷えていないのに、ある特定の部分だけが冷たさを感じるというのも、冷え性の症状です。

ほっとくとこんな病気になってしまうことも

冷えは血液の循環を悪くしてしまいます。血流が悪化すると、全身の細胞にかかる運河の流れが悪くなり、物流が滞ります。

情報伝達もできず、栄養も運ばれず、老廃物も溜まる一方。そんな状態のまま放置すると様々な病気の原因になることも。

1.膀胱炎

冷え性を伴う女性に多発し、繰り返し引き起こす慢性化し易いと言う特徴があります。

中でも、下半身の冷えは、膀胱や尿道など排尿に関わる器官と周りの筋肉に直接的な影響を及ぼすため、多くのトラブルを引き起こしています。なかでもいちばん多いのが、膀胱炎です。

2.慢性関節リウマチ

慢性疾患の中で、特に30代から40代の女性が発症する慢性関節リウマチ。冷え性が直接的原因となって、慢性関節リウマチを発症することはありませんが、冷え性を抱えることで末梢神経にストレスが生じたり、血管が萎縮しまうことがあります。

それがきっかけとなって、関節リウマチが発症してしまうことがあります。

3.自律神経失調症

自律神経失調症は、なんとなく体調が悪かったり、情緒不安定でイライラしたり、原因不明の頭痛が続いたり、診断されるのも難しい病気。

そんな自律神経失調症の症状のひとつが「体の冷え」。血管の拡張や収縮など、血液の流れに関係するものは自律神経が調節しています。そんな自律神経のバランスが崩れると体が冷え、冷え性の症状として表れます。

4.アレルギー性疾患

アレルギー反応とは、害のない物質に対して免疫機能が過剰に反応して起こるものですが、免疫機能が過剰に反応するのは自律神経が乱れている時。この自律神経の乱れに影響を与えるのが、体の冷えなのです。

5.レイノー病

寒冷で指先が蒼白になり、やがて赤に変化し、痛みやしびれ感を伴う症状がレイノー現象の症状です。

この症状は比較的、若くて虚弱体質の女性に多くみられ、多くは軽度で治まりますが、長期にわたって繰り返すと、皮膚が壊死したり潰瘍を生じたりする恐れがあります。

ほっとくとあぶない!?冷え性は危険な病気を引き起こす!
今年も寒い季節がやってきました。冷え性な方にはつらい時期です。冷え性な方は冷え性を放置していませんか?冷え性は危険な病気を引き起こすそうです。


最悪壊死の可能性も!冷え性の女性は「レイノー現象」に注意
これから寒くなるにつれて多くなるのが冷え性です。その冷え性の延長線上にあるのが指先に血が通わなくなりチアノーゼを引き起こす「レイノー現象」です。その大半は若年女子で、ハッキリとした原因は分かっていません。そのレイノー現象の対処法や予防法についてまとめてみます。

冷え性は美人の敵

冷え性は万病の元といっても過言ではないぐらい様々な病気の基礎疾患。でも、それだけに留まらず、綺麗の素、美容にも様々な影響を及ぼすのを知っていましたか?

冷え性が顔の老化の原因に

肌は心身の状態をあらわす鏡。皮膚の細胞は、血液を通して栄養や酸素を受け取り老廃物を排出しています。

ところが、冷えによって血液の循環が滞ると、本来行き届くはずである栄養素が肌に運ばれない状態が続くことになり、肌の栄養状態が悪化。

その結果、ターンオーバーがどんどん遅れてしまい、顔のくすみやシミ、ニキビといった症状が出てくるほか、筋肉などが衰えてしまい、顔のたるみやシワに繋がります。

冷え性はバストアップの妨げにも

サプリメントを飲んでも、バストアップにつながる体操をしてもなぜか胸が大きくならない。その原因は冷え性かも。

バストアップには血行を良くすることが一番。冷え性は血行を悪くするため、当然、大事なバストにホルモンや栄養が届きません。その結果、胸のハリがなくなったり、育たなくなってしまいます。

「冷え」の影響は顔を老けさせる!? 冷え性って女の敵過ぎてコワイ!
あなたは冷え性ですか?「はい」と答えたあなた!手足の冷えだけと思ったら大間違い!なんと”冷え顔”なんて症状もあるそうです。おまけに老化まで引き起こすっていうんだから放っておけない!冷え症で生理不順や肩こりなどはよく知られていますが一体なぜ顔まで老けてしまうのか?その原因をまとめてみた。

何をやってもバストアップしないのは”冷え性”が原因!?
サプリメントを飲んでもマッサージをしてもなぜか中々胸が大きくならないと悩んでいる女性は、冷え性にも悩んでいませんか?冷え性は体に悪いとわかってはいるものの何が原因なのかよくわからない人も多いはず。さらに冷え性と胸のサイズには密接な関係が…。冷え性改善の生活習慣や食材、胸を大きくするマッサージも紹介

冷え性の原因とは

冷え性の原因は一概には言えませんが、生活習慣の乱れとも言われています。まずは自分に当てはまる原因を探り、それを改善していくことから始めましょう。

1.運動不足

現代社会の私たちは昔に比べ、極端に「歩くこと」が少なくなりました。そのため、全身の血流に重要な役割を果たす足腰の筋肉が衰え、体熱が下がってしまいがちです。

OLさんで冷え性の方が多いのも、長時間の座り仕事による運動不足が原因だと言えるでしょう。

2.エアコンの悪影響

電車やバス、車などの乗り物、オフィスやデパート等、今ではどこでもエアコンが利いています。

そんなエアコンによって快適に生活が出来るようになった反面、冷えに拍車がかかり、低体温の現代人が増加し、1年中冷えの症状を訴える方が多くなりました。

3.ストレスによる血行不良

私達は今、ストレス社会に生きています。ストレスがかかると、緊張ホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が高まり、血管が収縮して血行が悪くなり、体温低下や冷えの原因になります。

4.シャワーによる入浴法

シャワーだけの入浴法は低体温、冷え性の一因。逆に湯船にきちんと入る入浴は全身の血流を良くして、内蔵の働き、新陳代謝を促進して体熱を上昇させます。また、それと同時に発汗や排尿を増やして、冷えの一因とはる体内の余分な水分を排泄し、冷えにくい体に整えます。

5.食べ物

バナナ、パイナップルなどの南方産の食べ物、白砂糖、化学調味料などの白っぽい食べ物、パン、バター、マヨネーズなどの柔らかい食べ物や生野菜、冷たい飲み物は体を冷やす原因となります。

食事は旬の物を多く摂り入れ、冷たい飲み物より常温か温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

【冷え性体質改善】意外と知らない6つの原因
本来私たちの体には病気にならない為の様々なメカニズムが備わっています。なぜ現代人の体温は下がり、不調の訴えが出てきたのだろうか。大きく分けて6つの要因が考えられます。自身の経験を元に学んだことをまとめました。冷えの慢性化は様々な病気の原因に。生活習慣を見直し、冷えを招かない生活を心がけましょう。

冷え性改善方法

お風呂、食事、運動など、冷え性の改善方法まとめをまとめてみました。まずはできることから始めて、ツライ冷え性を克服していきましょう。