秋冬ファッションはシャツでクールにキメる!絶対オススメのメンズシャツ特集


カッコよくキメたいならシャツで決まり

フォーマルにしっかり着こなすのもよし、ジーンズと合わせてややラフに着こなすのもよし、柄や生地の質感によって色々なシーンに使えるシャツは何着持っていても損はしない万能ファッションアイテム。秋冬のメンズファッション、カッコよくキメたいならシャツで決まりでしょ!

でも、それ一枚でシンプルに印象が決まる分、 着こなしを間違えるとあまりに普通すぎてしまったり、地味でオヤジっぽくなってしまったりと案外コーディネイトが難しいのも事実。

私服コーデで「なんか自分の思っていたスタイルと違う」と感じたら、まずは次の点をチェックしてみましょう。

  • トップスとボトムスの色味が共に暗い

シャツと言えばジーンズと合わせたくなりますが、地味色のシャツとデニムのコーディネイトを相当レベルが高い。地味色のシャツをボトムスと合わせる場合、キャメルなどのパンツを合わせるのがオススメです。

  • サイズが合っていない

今、流行のスタイルは上下ともある程度タイトなシルエット。シャツ丈は「ベルトの少し下」くらいでピチピチになりすぎない程度、身体にフィットするサイズでシルエット感を出す着こなしがオシャレ。

  • カジュアル感ありすぎ

全身カジュアルなスタイルでキメると、逆に「家になる服を適当に着てきた」ように見られることも。爽やか系や大人カジュアルなどちょっとしたテイスト感でアクセントを出すと全体的におしゃれ感が引き締まります。

その他にもシャツを上手に着こなすポイントがいくつかありますが、街で見るお手本シャツコーデを参考にして、格好いいモテメンを目指しましょう!

そこで、今回はそんなシャツを使った秋冬向けコーディネイトを大特集。

チェックシャツやネルシャツ、デニムシャツに白シャツなど、シャツ別のお手本コーディネイトスナップやニットやセーターなど、シャツを使った重ね着コーデなど、シャツを使った格好いい私服コーデまとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

白シャツコーディネイトカタログ

爽やかなメンズの必須アイテム、白シャツ。老若男女から支持される好感度ナンバーワンのアイテムは秋でも大活躍。

定番のデニム×白シャツのスタイルは、「やりすぎない丁度良いお洒落」として、女子ウケ抜群のスタイルと言えるでしょう。

そんな春夏秋冬、1年を通して着回せる白シャツですが、この秋に新たに揃えるのなら、定番ブランドから選ぶのが無難です。

この秋揃えたい白シャツ定番ブランド

まずは『ホワイトのBDシャツ』の定番ブランドを紹介。

■インディビジュアライズドシャツ

アメリカの良き時代のシャツ作りを今も続ける数少ないファクトリー。1961年創業。BROOKS BROTHERSのカスタムシャツ部門を長年全て任されていたことで有名。1枚のシャツへのこだわりは創業から半世紀たった今も一貫しており、カスタムメイド分野では現在もアメリカ国内シェア1位を誇る。

■ブルックスブラザーズ

1818年、ヘンリー・サンズ・ブルックスがニューヨークで創業。創業者の孫のジョン・ブルックスがポロ選手のシャツから着想してボタンダウン・シャツ(ブルックス・ブラザーズではポロカラーシャツと呼ぶ)を初めて商品化したと言われている。
アイビールックの伝説的ブランドで、アメトラ(アメリカン・トラディショナル)の代表的なブランドである。

■エンジニアドガーメンツ

NEPENTHES N.Yが企画するN.Yレーベル”ENGINEERED GARMENTS” の服はトレンドという響きとは無縁のものが多く、「子供の頃に夢見た アメリカらしい服をもう一度」という作り手の思いが原点となり、古き良き時代のアメリカの洋服を再編し、企画、縫製、素材、ディテールと細部にもこだわり、真の MIDE IN U.S.A を洋服にて表現。 古き良き時代のアメリカンウェアの優れたマテリアル、ディテールを巧みに取り入れ独自のスタイルを提案しています。

■バンドオブアウトサイダーズ

デザイナーであるスコット・スタンベルグ(Scott Sternberg)が、2004年に立ち上げたメンズ・レディースを展開するファッションブランド。現代的なフィット感、洗練された雰囲気もつブランドで、デザインのほか仕立ての良さに対する評価が高い。

白シャツの着こなし例

爽やかなメンズの必須アイテム、白シャツ。老若男女から支持される好感度ナンバーワンのアイテムです。そんな白シャツのコーディネイト例を見てみましょう。

■白シャツ×ジーンズ

sirossyatu1
白シャツとジーンズの組み合わせは定番中の定番と言えますが、サイズ感や合わせる靴によってイメージは自由自在。

■白シャツ×チノパン

sirosyatu2
きれいめなパンツと白シャツを合わせるときれいめでありながら、カジュアル感がでてオススメ。

■白シャツ×黒パンツ

sirosyatu3
白と黒のコントラストでメリハリが出るので、オシャレでかっこよい着こなしが可能。

■白シャツ×カーディガン

sirosyatu4
カーディガンを肩からかけるだけで落ち着いた雰囲気の秋コーデに。

 

チェックシャツ・ネルシャツのコーディネイトカタログ

ネルシャツは秋のシャツコーデの定番のうちの1つですが、その着こなしを間違うとアメカジ系でなくB系になってしまったり、オタクっぽく見えてしまうので、着こなしが難しいアイテムと言えます。

そもそも、元々はジーパンと同じく労働者階級の間で愛用されていた服なので、全体的にゆったりしており野暮ったくなりがち、特に次のような着こなしには注意しましょう。

  • 大き目のサイズを着る
  • シャツがよれている
  • 他の柄と組み合わせる

ネルシャツを上手に着こなすポイントは、清潔感を持って全体的にタイト(細め)になるようにすること。

すっきりしたシルエットのネルシャツを選び、ボトムも細身の物にすると全体としてシャープな大人の着こなしになるでしょう。

ネルシャツの着こなし例


出展:https://matome.naver.jp/

ビーニーと明るいキャメルのパンツでよりカジュアルに。シャツは身幅・丈がぴったりめできれいさもキープ。


 


出展:https://matome.naver.jp/

白Tシャツ+ジーンズの爽やかな着こなしにダークトーンのチェックシャツ。暗い色味のシャツはこれくらいのバランスがおしゃれ。



出展:https://matome.naver.jp/

鮮やかな青のカーディガン×シャツ。多色使いはカジュアルで若い男性らしい印象に。



出展:https://matome.naver.jp/

ジャケットを使った大人カジュアル。ジーンズの裾をロールアップさせて軽さのある着こなしに。おっちゃんになってからかっこよく決まるファッション。



おすすめ記事