今年のモテメイクはハーフ顔で決まり!明日からすぐできる外国人風メイク術を伝授!


 今時ハーフ顔メイクで可愛いをひとり占め!

今、最も旬な顔と言えば、やっぱり、『ハーフ顔』で決まりでしょ♪

ローラを筆頭にベッキー、トリンドル玲奈、ダレノガレ明美、マギー、玉城ティナなど、絶賛ブレーク中のハーフ芸能人。今、彼女たちみたいに「ハーフ顔になりたい!」という女子が急増中。街ではハーフ顔メイクが大流行しています。

最も旬な顔と言えるハーフ顔。そんなプチ外国人風メイクの魅力は

  1. セクシーだけど嫌味がないので、男子だけでなく女子からも好評
  2. 濃いメイクといった印象はないのに、顔全体にメリハリがでる
  3. 立体感を出すことで、日本人顔特有ののっぺり顔から卒業できる
  4. メリハリのある凹凸を出すことで小顔効果が生まれ、今までとは別人になったような外国人顔に変身できる

とかわいいメリットがいっぱい。コレはもう、すぐにでもチャレンジするしかないでしょ!

そんな、今風ハーフ顔メイクのポイントはざっくり3つ。

  1. フェースライン、チーク、目元と全部に彫りを意識しない
  2. 目元とノーズラインに彫りのポイントは絞ることが今風ハーフ顔に仕上げるコツ
  3. アイシャドウやノーズシャドウを塗るときは、その方向と位置をしっかり押さえる

どうです?簡単そうじゃないですか?

「でも、そんなこといっても日本人なんだから、いくらなんでもローラみたいな顔にはなれないでしょ?」

いえいえ、ちょっとしたコツでローラにもドリンドル玲奈にもなれるところが、メイクの凄いところ。ローラ風メイクのポイントはズバリ、アイメイク。「アイシャドウ」と「アイライナー」を上手に使い、つけまつ毛とカラコンをつければ意外と簡単にローラになれるんです。

さあ、あなたも簡単メイク術で明日からカワイイ外国人顔で男子たちの視線を集めてみませんか?

そこで、今回はそんなハーフ顔メイクのとっておきの方法を大特集。

ローラやドリンドル玲奈といった今、大人気のハーフ芸能人にすぐになれるメイク術から、ポイントを押さえれば簡単にできる外国人風メイク方法、そして、下地やアイメイク、鼻筋メイクなど、各ポイント別のハーフ顔メイク方法やハーフ顔に欠かせないおすすめカラコンなど、すぐに使えるメイク術まとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

ハーフ芸能人風メイク術

ローラ、ドリンドル玲奈、ダレノガレ明美など、テレビや雑誌で大活躍中のハーフ芸能人。彼女たちようなカワイイ顔になりたい!そんな風に思いませんか?

モデルのような憧れのハーフ顔、簡単メイクであなたもカワイイを手に入れましょ♪

ローラ風メイク術

ローラさんのメイクをぜひ真似してみたい!という女性は多いですよね。でもあまり目鼻立ちがハッキリしていないと真似してもハーフ顔にはなれない・・・。

そう思っている純日本人の方もいらっしゃると思いますが、ちゃんとポイントを抑えて真似をすれば誰でもローラさんのようなハーフ顔になれちゃいます!早速最新のローラ風メイクのやり方をご紹介します♪

ベースメイク

まずはイエロー、ベージュ系の下地を顔全体に広げて、色のトーンを整えましょう。

ここでニキビ跡などのトラブルが気になる場合はコンシーラーで消します。明るい色のリキッドファンデを顔中心に薄く伸ばし、ダークカラーのリキッドファンデをフェイスラインに乗せて陰影を濃くします。

最後にフェイスパウダーをささっと乗せて整えればハーフ顔になれるベースメイクが完成。Tゾーン、目の下、アゴにハイライトを入れるとより立体感が増してハーフ顔に近づきますよ!光と影をうまく強調すれば凹凸感が出て純日本人でもハーフっぽい顔立ちになれます。

アイメイク

まずはゴールドブラウンのアイシャドウをアイホール全体にのせ、目のキワにブラウンシャドウを重ねて馴染ませていきます。

下まぶたは目頭にはハイライト、目尻にはゴールドブラウンのアイシャドウを1/3程度乗せます。さらにブラウンのペンシルアイライナーで涙袋の影を作ればより立体感が出てきます。仕上げにラメなどを涙袋に乗せるとキラキラと輝いて明るい目元が完成します。

アイラインはブラックのリキッドアイライナーを使って引いていき、目尻ラインは少し跳ね上げます。

ネコ目を強調しすぎるよりも気持ち跳ね上げるくらいがローラさんっぽいメイクになれます。下まぶたには黒目から目尻に向かって細くラインを引いてぼかしましょう。

まつげはボリュームたっぷりのふさふさしたまつ毛を作っていきます。ビューラーでしっかりとまつ毛を上げたらマスカラ下地を塗って、ボリュームタイプのマスカラを重ね塗りしましょう。

下まつげも忘れずに長さを足すように塗っていきます。仕上げに目尻のみのつけまつ毛をつければローラのようなパッチリとした瞳が完成します。

アイブロウ

まずは眉の下側にアイブロウパウダーでラインを引いていきます。パウダーを使った方がよりナチュラル感が出て自然に馴染みます。そしてこのとき目と眉の間を縮めてパウダーを足していくとハーフのような彫りの深い目元になっていきます。

チーク&リップ

チークはオレンジのクリームチークを使用します。頬の高い位置に置いたら横に広く馴染ませていきます。健康的なイメージの強いオレンジを入れると、

ローラさんのような明るく活発な女性を表現することができます。リップはビビットな色をチョイスするとローラさん風のメイクになります。青みがかったピンクや赤いリップなど濃い色を使ってみましょう。

またクールビューティーを目指すならベージュ系のリップにしてもOK。

トリンドル玲奈風メイク術

ふわふわの白い肌、つぶらな瞳、ちっちゃめリップ。そんなトリンドル玲奈さん風メイクのポイントは、

  • ふわふわな印象の肌
  • かまってあげたくなる潤んだ瞳
  • 小ぶりで潤った唇
ベースメイク
  1. くすみが消えやすいオレンジ系の下地を塗る。
  2. 自分の肌より明るめのリキッドファンデーションを、顔の中心から外に伸ばすように塗ります。
  3. 色なしのルースパウダー(透明色がベスト!)を顔全体に薄~く均一につけて、うさちゃんのようなふわふわ肌に。

ルースパウダーをブラシで付ける場合は余分な粉をしっかり落として!また、パフで付ける場合はしっかり粉をパフにもみ込んでください。これでムラ無しふわふわ肌!

アイメイク
  1. アイホールに、明るめ&薄めのピンクのアイシャドウをのせます。
  2. まつ毛の内側・まつ毛の間を黒アイライナーで埋め、アイラインを太く引きます。
  3. まつ毛上下にたっぷりとマスカラをのせます。
  4. 涙袋か目尻に、赤かピンクのアイシャドウをサッとのせると、かまってあげたくなる潤んだ瞳に!

上まぶたに赤かピンクのアイシャドウをいれるのは絶対NG!腫れぼったい印象になってしまいます。

リップ・チーク
  1. チェリー色のチークをフワッとのせる
  2. クリアな赤グロスを塗る
  3. 逆三角形の顔に見せるために、あごにハイライトを入れる。

クリアな赤グロスは唇をはみ出さないように注意!主張しすぎない唇を意識して。

黒木メイサ風メイク術

一重に近い奥二重の黒木メイサさん。彼女のかわいらしさの中に獲物をとらえるような鋭さもある雰囲気は素敵ですよね。

そんな黒木メイサ風メイクのポイントを紹介します。

ベースメイク

リキッドファンデーションをのばし、ニキビ跡などはコンシーラーで丁寧に隠しましょう。そして仕上げに、大きめのブラシにとったパウダーを滑らせます。

アイブロウ

目と平行に眉頭→眉山まで書き、そのままストンと眉尻を落とし、角度のある眉にしていき、最後に眉頭はパウダーでぼかしながら形を整え、眉尻はペンシルでしっかり仕上げます。

アイメイク

ネコの目のように横に広くアイシャドウをぼかしていき、目尻側が最も濃くなるようにします。

アイラインを引く際は目尻まではシンプルに際をたどっていき、目尻の部分だけ少し跳ね上げた曲線にするのがポイントです。

マスカラ

目尻の方に色をくっきりのせて、長めにするとよりネコ目っぽくなります。また、マスカラはボリュームタイプを使い、まつ毛の密度を濃くしましょう。

チーク

頬骨よりやや高い位置から、オレンジ系のチークを頬の側面に縦気味シャープに入れましょう。

リップ

目元を引き立てるために、リップメイクは控えめにしましょう。ベージュ系のグロスをさっと塗る程度、もしくはピンク系のリップをベースに、赤いグロスを唇の中央にのせるだけでOKです。

あなたもなれるハーフ顔メイクテクニック

ハーフ顔メイクのコツは『眉毛』『まぶた』『鼻』にあり。



おすすめ記事