保湿こそ美肌の要!冬の乾燥にも負けない絶対に試して欲しい最強保湿ケア方法


■日本酒洗顔
本酒がお肌に良い、というのは、いまや周知の事実。

洗面器1杯分のお湯に日本酒を盃3杯くらい(コップの約1/3)用意しておき、両手ですくってきれいになった顔全体に行きわたるように何度か洗う。

この時、顔のすみずみまでていねいになでるようにして日本酒をしっかり肌になじませるのがコツです。

■牛乳洗顔
牛乳の中にはカゼイン・リン脂質・脂肪分があり、カゼインは牛乳ピーリングという効果、リン脂質にはさらに肌を柔らかくする効果、脂肪分には保湿効果があります。

コップ1杯くらいの量を洗面器にいれて洗顔し、最後にぬるま湯ですすぎます。

■重曹洗顔
重曹洗顔は肌の汚れ、角質などを取り除いてくれるため、洗い上りはツルツルの肌になります。硬くなっていた肌にも弾力がよみがえり、シワなどの老化防止の効果もあるようです。

やり方は洗面器に水orぬるま湯を注ぎ、重曹小さじ1/2くらいを入れて溶かした重曹水で顔を洗います。

湯船にプラスαして保湿効果

■米ぬか風呂
米ぬかにはビタミンC、Eが多く含まれているので、美白、美肌、保湿効果が期待できます。また、米ぬかに含まれるフィチン酸という物質には、老化やガンの原因である活性酸素を取りのぞく効果があるという研究も。

米ぬか風呂は米ぬか500~600gを入れた布袋(お茶用の紙パック)を浴槽に入れて、モミモミするだけ。

入浴しながら、黒ずみの気になるワキやヒジ、ヒザのほか、紫外線ケアを怠りがちなデコルテなどをガーゼパックでやさしくマッサージするのもオススメです。

■はちみつ風呂
ハチミツには、高い保湿性の他に殺菌・抗菌作用に消炎作用と幅広い美容効果があるので、高い美肌効果が期待できます。

パックはヘアケアにも使えますが、湯船に大さじ2杯ほどのはちみつを入れると、冬の乾燥肌対策にぴったり。

天然のはちみつですので、安心して入れますし、入浴剤を入れるより安上がりです。

お風呂上がりの肌ケア

お風呂のさっぱり感は肌そのものが無防備にさらされている状態。

実はお風呂上りは1日の中でお肌が最も乾燥しやすい瞬間、ですので、入浴後はとにかく「すぐに保湿」が鉄則。

お風呂から上がったら、すぐにボディケアを始めましょう。汚れや皮脂がきれいに落ちて毛穴が開いている状態の肌は、いちばん美容成分が浸透しやすいので、ボディクリームやオイルを全身になじませるだけでも、保湿とマッサージの同時ケアになります。

また、注意したいのがパジャマ。

ストレッチの効いたぴったり素材やごわごわ肌触りが悪い素材も肌を刺激するのでNG。

パジャマは自由に寝返りが打てて、寝ている間に着乱れしないもの。夏は熱を逃がして、冬は寒さを感じない素材のもの。肌触りが良い素材で、リラックスできるものを選び、いつも清潔にするように心掛けましょう。



おすすめ記事