部屋の雰囲気が明るくなる観葉植物の使い方テクニック


おしゃれの部屋には緑あり。

なんとなく雰囲気のイイ部屋だなぁと思ったら、さりげなく観葉植物があった。

そんな経験ってありませんか?

やっぱり緑のある部屋ってオシャレだし、癒される。でも、案外、植物をセンスよくインテリアに取り込むのって難しくて思うようにいきませんよね。

そこで今回はそんな部屋をワンランクアップする観葉植物を大特集。部屋に観葉植物を置くメリットから、観葉植物を使ったインテリアコーデのコツ、観葉植物を使ったお手本レイアウトなど、今までどうもしっくりこなかった植物を使ったお部屋オシャレ術を紹介します。

観葉植物のメリット

6750410044b803d38e91cc6b037dd1f0_s
部屋のアクセントになったり、コーデ次第ではがらりと雰囲気を変えてしまう観葉植物。部屋に植物を置くことは多くのメリットをもたらしてくれるのを知っていましたか?

メリット1 空気を新鮮にしてくれる

『観葉植物の土壌に生息するバクテリアが、空気中の汚染物質を分解・ろ過する』と言われており、観葉植物は、天然の空気清浄機のような働きをしてくれます。また、光合成で酸素を増やしてくれるので、居心地のいい空間づくりにも一役買ってくれます。

メリット2 リラックスさせてくれる

観葉植物を部屋の中にただ置いておくだけで、不思議と人はリラックスできます。これは健康に有効とされる成分”フィトンチッド”を放出し、リラックス効果のある脳内のα派を増大させるからです。

メリット3 目の疲れを和らげる

緑色は目に優しいので目の疲れにも効果的。観葉植物をみると、視覚疲労が回復し、緊張感がやわらぐことが実験で確かめられています。また、観葉植物にはそれだけではなく、乾燥防止効果によりドライアイも軽減される効果があります。

メリット4 保温プラス加湿をしてくれる

植物の持つ根から水を吸って、葉から蒸発させるという『蒸散作用』によって、冷房による過剰な室温低下や空気の乾燥などを抑える効果があります。植物によってもたらされる適切な湿度は健康に良いだけでなく、暖かいとも感じられるので暖房設定を低く設定できるという、副次的効果も期待できます。

インテリアだけじゃない!観葉植物を置くべき5つの理由
お部屋の雰囲気を変えてくれるインテリアにも大活躍の観葉植物。しかし、観葉植物には、美容や健康にも嬉しい様々な効果があるのをご存知ですか?

観葉植物で部屋をオシャレにするコツ

b2783006471e03dbcce215b87816e387_s
観葉植物は癒し効果だけでなく、インテリアとしても大活躍してくれます。でも、難しいのがその使い方。そこで、植物を使って部屋をオシャレにするポイントを紹介します。

置く場所を考えよう

観葉植物を飾る場所で一番セオリーなのが、コーナーや家具の上などの部屋の余白となっている場所。さらに効果的に植物を取り入れたいのであれば、リビングのソファ横やTV横などに飾れば、室内空間に景色が生まれ、洗練されたお部屋を演出することができます。
また、吸気口やコンセントなど、デザイン的にちょっと気になる部分を隠したい場合にも効果的です。

おしゃれに飾るポイント

観葉植物を置く場所が決まったら、次にどう置くかを考えましょう。ただ自分の気に入った植物を置くのではなく、一手間加えることでグッと部屋がオシャレになりますよ。

どんな植物がいいの?

kanyou3
スタイリッシュな空間にしたいときは「大きな葉や、シャープなラインの葉を持つ植物」を用いると効果的。

kanyou4
逆に雰囲気をやわらかくしたいときは「小さな葉がたくさん茂っているもの」を選ぶとやすらげる空間を演出してくれます。

一手間加えると更にオシャレに

kanyou5
買ってきた植物をそのまま飾るのではなく、陶器や籐のバスケット、 清涼感のあるグラスに移しかえて飾ればグッとオシャレになります。

kanyou6
また、『置く』とうことにこだわらず、コケ玉などを使い。ワイヤーで『吊るす』とオシャレに飾れます。

部屋の雰囲気は植物のディスプレイでここまで変わる!
観葉植物を部屋に置くことで気分がスッキリすることで知られています。いざお部屋に置こうとした時、どういう風に置いていいかわかりませんでした。実際に置いている実例を元に起き方を見てみたいと思います。

植物を使ったお手本レイアウト術

お部屋作りのヒントになる観葉植物を使ったオシャレなインテリアレイアウトを紹介します。

大きめの観葉植物をつかったレイアウト術

kanyou7
ソファ横の空いたスペースにパキラを配置。

kanyou8
鉢植えもお部屋の雰囲気に合わせて。

kanyou9
天井の高さを活かしたコーデが素敵。

kanyou10
モンステラは比較的に暗い場所でも育つので、配置に自由度が効くのが魅力。

kanyou11
シンプルなリビングにさりげない植物がワンポイントして際立ちます。

kanyou12
寝室に緑を置くとリラックス効果バツグン。

kanyou13
広々としたリビングにはベンジャミンとの相性が良い。

kanyou14
ソファの裏からのぞく植物が素敵。

活けた植物をインテリアとして

kanyou15
電球に活けた植物たち。

kanyou16
フラスコや試験管などに活けてみる

並べることでより主張させる

kanyou17
ラグを敷いて、ウッドベンチに小さい鉢を並べます。

kanyou18
部屋中の鉢を一箇所に集めてにぎやかなガーデンコーナー。

出窓に植物を飾る

kanyou19
小さい窓には小さい鉢を選んで。

kanhyou20
窓にこんな専用棚があったら本格的!