NO!ブツブツ。NO!ハミ肉。今日からデキる背中美人対策


背中って意外と見られているんです

普段、自分では見えないので、意識することが少ない背中。実は周りの人に意外とよく見られていることって知ってました?

背中は鏡を使ってよく見ないといけないので、つい手を抜きがちな部分。でも、後ろ姿は非常に重要。他の人の目にはつきやすく、印象を大きく変える重要な部分なんです。

後ろ姿や背筋は外見やスタイルの良さを印象付ける重要なポイント。特に背中のラインが綺麗ですっきりした人は見た目以上に若く見られます。

そして背中のラインを綺麗にみせるために注意したいのが、「首から背中にかけての角度」。肩甲骨から肩にかけてのラインです。

猫背や肩甲骨が埋まった姿勢はネガティブな印象をどうしても与えてしまいます。姿勢を正して後ろ姿美人を目指しましょう。

意外と見られてる…背中の肉があなたの印象を変えてるかも

人は見た目の年齢をどこで判断しているのかというアンケート実験の結果、背中にお肉がついていると+10歳~20歳老けて見えるという結果でした。後ろ姿は意外と見られているもの。普段から姿勢を意識して、スッキリとした背中を保ちましょう。


見た目年齢は「背中」で決まる?背中美人の秘訣は「肩甲骨のやわらかさ」

冬はいつも以上に猫背になりがち、そして恐ろしいことに、“背中”に見た目年齢が現れてしまうという部分でもあります。いつの間にか溜まった背肉、つまり皮下脂肪はなかなか落ちませんので、意識して鍛えることを考える必要があります。スキンケア


背中ダイエットのススメ

後ろ姿美人に背中のハミ肉は絶対NG。

ここについた贅肉は美人とは真逆の「意外と太ってる感」「おばさん臭さ」「いつも疲れている感」を猛烈にアピールしてしまう絶対に落としたいムダ肉です。

でも、日常生活ではあまり使われない背中の筋肉はただでさえ、脂肪がつきやすい部分でもあります。

特に家事やデスクワークの多い女性はどうしても前かがみの姿勢が多くなるので、猫背になりがちなことから肩甲骨が開き、背中の筋肉の衰えやたるみにつながってしまうのです。

では、背中についてしまったムダ肉を落とすにはどうすれば良いのでしょうか?

背中ダイエットで重要なのは肩甲骨周り。

肩を回したり、タオルの端を両手で持って、上から頭の後ろに下げるなど、肩に程よい負荷をかける運動がオススメ。また、胸を開いて肩甲骨を寄せるストレッチや背中で両手をつなげるストレッチなどもよいでしょう?

そして、特に気を付けたいのが姿勢。姿勢を正すことで背筋が鍛えられ、自然と美しいラインになってきます。後ろ姿美人に猫背は厳禁。いつでも良い姿勢でいられるよう、努力しましょう!

意外と気になる?背中のお肉をスッキリさせる5つの対策

薄着の季節になると気になるのが背中のお肉。背中は自分の目に届きにくいため手を抜いてしまうことも。この脂肪が付きやすい背中には、どのような対策が必要でしょうか?


邪魔な【背中のハミ肉】を“4日間”でスッキリさせる方法

アナタはパソコンやスマホのやりすぎで「猫背まっしぐら」になってませんか? 背中が丸くなるのは肩甲骨がゆるんでいる証拠。背中ハミ肉の原因はズバリ“肩甲骨のゆるみ”なのです。簡単な方法で背中の肉付きをスッキリさせるストレッチまとめです。効果を出すために日頃から肩甲骨を意識して過ごしましょう!


背中についたぜい肉は、姿勢を正すだけで撃退出来ちゃうみたい

これから暑くなるにつれ、肌を露出する機会が多くなります。そんな時に気になるのが背中のぜい肉です。背中のぜい肉を落として後姿美人になるには、なんと姿勢を正すだけ!という簡単な方法で維持できるみたいです。


背中年齢いくつに見られてる?ながらストレッチで目指す背中美人

基礎代謝を上げるために程よくつけたい筋肉。自分では見えない背中は意外と盲点に?


落ちにくい背中の肉をマッサージで落とす 合わせて食べたいレシピ

背中って一度お肉がつくと取れにくい部分です。老廃物がたまり排出されないのが原因ですね。これはマッサージで強制的に落としてあげないと、ダイエットしても背中の肉は残ります。マッサージしてついでにバストアップして、綺麗な背中になる方法をご紹介します。



背中肌をキレイにする方法

夏は肌の露出が多くなる季節。 でも、自分では見えないので背中のケアを忘れがち。。。そんなことから、どうしても背中を出す勇気がない。。。

その気持ち、わかります!

薄着になると、見えてしまう首筋から肩、背中の肌。この箇所は厄介なことに自分の目から見ることができないのに、他人からはモロに見られている箇所でもあります。

そんな背中肌のケアに欠かせないのが、やっぱり保湿。保湿をしっかりしないと乾燥を助長し、皮脂が多く分泌され、いやな背中ニキビにつながります。

背中全体にボディーローションやボディーミルクなど、保湿クリームでケアしましょう。

背中のムダ毛処理のコツ-背中を綺麗に見せたい!

ムダ毛処理がとても難しい背中。自分でムダ毛処理をするコツと注意点をまとめました。


男子は意外と見てる…背中のムダ毛処理は怠っちゃダメ!

夏になると薄着になったり水着を着たりと、何かと露出する機会が増えます。そこで気をつけたいのが背中の産毛!自分では見えず、なかなか手も届かないのでお手入れが疎かになりがちですが、意外と男性は背中のムダ毛に目がいくそうです。しっかりケアしておきましょう!


人に見せる自信ない…夏に向けて♪今から始めたい背中のケア

背中は手が届きにくく、どのように乾燥対策を行ったら良いのかわからない方も多いと思います。背中は、実は顔と同じくらいの皮脂が分泌される場所です。そのため、清潔にしないと毛穴に皮脂や汚れが詰まってニキビの原因になってしまうのです。

背中ニキビ撃退法

自信を持って背中を出せない最大の原因は背中ニキビ。そんな人、多いのではないでしょうか?

ノースリーブワンピやタンクトップなど、肌が多く露出する夏コーデを楽しみたいけど、背中にできたニキビが。。。。

背中は顔と同じく皮脂が多く分泌される部分。毛穴に詰まった皮脂とアクネ菌が原因で背中ニキビができます。

そんな背中ニキビを撃退するには背中を清潔に保つことと正しい生活習慣。特に次のことに注意しましょう。

  • 汗をかいた下着や肌着をすぐに着替える
  • パジャマは吸水性のよい素材に変える
  • 洗髪してから体を洗う。
  • 背中を髪で覆わない
  • 十分な睡眠やバランスのよい食事を心がける

あなたも夏に向けて背中ケア、始めませんか?

知らずにやりがち?背中ニキビをもたらす7つのNG習慣

ノースリーブのワンピースやタンクトップを着ることが多くなる季節。この時期、気になるのが背中のニキビ。いつの間にかできてしまう背中ニキビはどのような生活習慣で、できてしまうのでしょうか?


4段階で進む『背中ニキビ』って以外と気づきにくい・・・

背中のニキビって初期の段階だと以外と気が付きにくいもの。放っておくと進行し、膿がたまり化膿してしまいます。そうなるとセルフケアは難しくなります。早めに見つけ適切な処置ができればいいですね。


何それコワイ…「背中ニキビ」には意外な原因があるらしい

肌の露出が増える時期になるとめっちゃ困るのが背中のニキビ。出来やすい人はそれなりの原因があることがわかった。


汚い背中にサヨナラ!背中に出来る”ぶつぶつ”の正体とその対処法

自分ではなかなか見ることが難しい自分の背中。ふと鏡を使って見た時にブツブツがあるとショックですよね。ブツブツの正体は「あせも」か「ニキビ」であることが多いようですが、もしかしたら「マラセチア毛包炎」かもしれません。。背中に出来るブツブツの正体と対策についてご紹介します。


気になる“背中ニキビ”の原因と対策

背中ニキビになってしまったら、どういったケアをしていけばいいのか悩みますよね。そこで、背中ニキビの原因と対策を調べてみました。

綺麗な背中アピールコーデ

背中ダイエットと背中ケアで綺麗な背中を手に入れたなら、やっぱり、それをアピールしなきゃ♪



おすすめ記事