オシャレ女子のクールビズスタイル♪ 夏の通勤コーデはこれで決まり!


クールビズコーディネイト、絶対おさえておきたいポイント

もう完全に夏モード突入!通勤コーデも夏服全開といきたいですよね。

でも、注意したい過度なクールビズスタイル。

いくらクールビズだからと言って、何も考えずに服装を涼しくしてしまうと、周りの人に不快感や違和感を与えてしまいます。

働くOL、いち社会人として、服装にも気を使うのは当然。

でも、女性の場合は明確なものがない分、どういう服装がクールビズになるのかが難しいところがあります。

そこで、夏のオフィスコーデで注意したい点を紹介します。

■ノースリーブスタイルには要注意

キャミソールじゃないし、シャツタイプで見た目がしっかりとしているからクールビズでもいいんじゃないかなと思っている人も多いかもしれませんが、ノースリーブはクールビズとして不適切と考えている企業は多いのが実情です。

また、スーツのインナーでのノースリーブも控えた方が吉。

ジャケットやシャツブラウスなど袖のある服の方が、オフィスでは清潔かつ知的に見えるので、好まれます。

■露出は極力控えめに。汗対策は、吸収力のあるインナー素材でガード

汗が気になる季節。「ワキ汗」に悩むのは女性も男性も同じ。

でも、肌の露出を控えることが、オフィスカジュアルの大前提。

暑くてついつい露出が多くなってしまうということがありますが、そういう場合、汗に反応して涼しくなるような素材を使った衣類を着るなどの気配りをするだけで快適度はアップします。

汗をすばやく吸い取り、乾きやすいインナーがいろんなショップからリリースされていますので、コーディネートに合わせて数種類用意するのが、良いでしょう。

■透け素材アイテムはアウターでカバー

トレンドの透け素材を取り入れたコーデ、オフィスコーデでも活用したいですよね。

でも、透け感のあるものを着る場合は、下着が透けないよう、下に着るアウターをしっかりとしたものにするなどの配慮が必要。

普段着と会社での服装は違うということを常に頭の中に入れておくことが大切です。

■ミニスカートや素足は厳禁

意外に気づかずにしているのが人が多い、ミニスカートに素足といったコーディネイト。

上でも紹介しましたが、基本的に露出が多くなるコーデは避けた方が無難。

スカートはひざ下丈、具体的には、椅子に座ったときに膝が隠れる程度のものにし、ストッキングを履くのがマナーです。

オフィスカジュアル♡クールビズ女子で抑えておきたいポイント

夏が近づくと今年もクールビズが多くなりますね。会社へ着ていく場合、どういう点に注意をしたらよいのでしょうか。気になる点をまとめています。参考にしてね。


新社会人が知っておきたい!オフィスカジュアルで注意したいポイント

夏のクールビズが浸透して来た昨今、オフィスでもカジュアル化が進んでいます。でも、これって以外と難しいですよね。オフィスカジュアルで注意したいポイントと参考になりそうなコーディネイトをまとめてみました。

オシャレOLのためのクールビスおすすめコーディネイト

6月から9月末まで、ほとんどの企業がクールビズ期間になります。

だけど、男性と違って女性のクールビズってなんだかわかりにくいですよね。

そこで、朝になって悩まない、OLのクールビズおすすめコーデをまとめてみました。

重要なシーンではジャケットをフル活用

スーツは着る必要がないといっても、先方に合うときや会議など、重要なシーンではカジュアルすぎるスタイルは当然NG。

そんな時に活用したいのが夏用のジャケットです。

■テーラードジャケット

テーラードジャケット

1枚は持っておきたい夏のオフィスコーデ、必須アイテム。インナーにTシャツを着ていても、このジャケットを1枚はおれば、オフィススタイルに変身。

cbiz6
ベージュのパンツとホワイトのトップスで優しい印象の中にネイビーのジャケットできちんとした雰囲気もプラス◎

■ノーカラージャケット

ノーカラージャケット

襟付きジャケットと異なり、フェミニンな印象のノーカラージャケットはスカートやクロップドパンツにも合わせやすいのでオススメです。

■ボーダージャケット

ボーダージャケット

スーツジャケットと違ってインナーの自由度が高いので、Tシャツやカットソーに合わせてもOK。

■デザインジャケット
cbiz1
インナーがラフなスタイルでもジャケットが決まっていればきちんとして見える。シンプルデザインでも金具やリボンなどの飾りがあるジャケットもおすすめ。

■サファリジャケット
cbiz2
少しカジュアルな印象になるサファリジャケットはインナーにシフォン素材のブラウスを合わせたりボトムにスカートやカッチリした雰囲気のパンツを合わせれば十分お仕事モードに使えます。

女性らしいブラウスはオフィスでも好評

ジャケットを脱いだ場合、シンプルすぎるシャツ1枚ではちょっとさみしすぎる感じがしませんか?

そんな時はリボンやフリル、シフォン素材など、女性らしいブラウスがオススメ。

■リボンタイのブラウス

リボンタイのブラウス

リボンタイのブラウスなら女性らしいかつ、ちゃんとした雰囲気が演出できます。

■フリルのブラウス

フリルのブラウス

ジャケットを脱いでも、華やかな雰囲気がカジュアルにならないデザインがオススメです。

■黒いブラウス
cbiz3
ジャケットなしで着るブラウスは、透けない素材のブラックなど濃いめの色ならカッチリした雰囲気になれる。

■シフォン素材のブラウス
cbiz4
上品なシフォン素材は1枚でもお出かけ風のスタイルに。透けるのでオフィスによってはNGかもしれませんがOKの場合でもインナーにはキャミソールではなく肩の露出を抑えたタンクトップ型にするなど下着の肩ヒモが透けてたなんてことにならにように。うすいサマーニットのカーディガンを羽織るようにしても。

■ストライプシャツ
cbiz5
ボーダーはカジュアルなのでオフィス向きではありませんが縦縞ストライプはオフィスに似合う。

カットソーは普段よりワンランクアップで

オフィスではTシャツは着れない!というときに便利なカットソーですが、普段着よりワンランクアップしたデザインを選んでアクセサリーと合わせるなどカジュアルにプラスアルファを心掛けてみてはいかがでしょうか?

■シンプルなカットソースタイル
cbiz7
Tシャツではいけませんが、カタチが崩れていない大人っぽいデザインならカットソーでもオフィスに着ていけそうです。袖や裾に適度な長さがあればなお良し。