ビジネスマンを特別にするカバン!イイ男に欠かせないビジネスバッグの選び方


Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)


1818年、アメリカにてヘンリー・サンズ・ブルックスによって創業。創業当初は「HSブルックス商会」というブランド名でしたが、1850年に現在の「ブルックス・ブラザーズ」に改名。ボタンダウンシャツなど、現在スタンダードとなっている商品をはじめ、流行に左右されないスタイルを中心に、ドレスクロージングからカジュアルウェアまで幅広い商品を展開しています。アメリカントラディショナルスタイルの代表ブランドと位置づけられ、歴代アメリカ大統領にも愛されてきたブランドです。

Simpson London(シンプソン・ロンドン)


シンプソン・ロンドンは英国において最高峰の鞄をつくるメーカーであり、英国No.1の注文鞄メーカーとして、世界中にその名を知られています。1860年にタナークロール社を創業、1996年シャネルによる買収を経て、タナークロール創業者一族であるシンプソン氏が、ビスポーク部門の職人を引き連れシンプソン・ロンドン社を設立しました。その確かな技術と品質は、様々なブランドから支持されることとなり、英国靴のチャーチ、ジョン・ロブ、ジョージ・クレバリーなどの鞄を生産しています。英国王室にも長年ビスポーク鞄をおさめているなど、タナークロール創業より150年以上の伝統と技術を継承しています。

SERAPIAN(セラピアン)


ミラノで1945年に創業した、老舗レザーバッグブランド。クラフトマンシップを守り続け、ハイクオリティーなコレクションを展開。数々のメゾンにもレザーグッズを提供している実力派のブランドです。イタリアトップクラスの老舗メーカーとして、世界中で知られています。

Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)


ダニエル&ボブは1976年イタリア、フェラーラにてデザイナー兼オーナーのアンドレア・ボルトロッティ氏により設立されました。ベルト作りからスタートし、現在ではレザーアクセサリー、バッグまでに至るそのクリエーションは、経済性と実用性を重視したシンプルな生活の中にある「価値」と「スタイル」を追求させたものです。「モノを蓄えるのでなく、大切なものだけに絞り込むことで良質な生活を謳歌できることを伝えていきたい。」と語るアンドレア氏の言葉通り、時代を超えて愛されること、優れた品質と普遍のクラフツマンシップを備えている確固たる理念が込められています。

BRIC’S(ブリックス)


マリオ・ブリッコラにより1952年創業。北イタリアに本拠を置く、バッグ、ラゲージブランド。1996年、最初のBric’sストアをミラノに開店以降、イタリア国内各地のほか、フランス・イギリス・アメリカなど現在世界中で愛用されています。デイリーユースに最適な機能的なバッグから、ラグジュアリーなビジネスケース、旅行用のスーツケースまで多彩な品揃えです。200名余の匠の技と、新たなデザイン、テクノロジー、製法への取り組みで、今後更なる躍進が期待される注目ブランドです。

bally(バリー)


1851年、スイスのシェーネンヴェルトでカール・フランツ・バリー(Carl Franz Bally)が創業。当時はリボンメーカーでした。1851年にカール・フランツ・バリーは、弟とともに「Bally&Co」を設立。リボンメーカーから開始しましたが、パリに出張した際に見たパリジェンヌの靴に魅了され、靴の開発をスタートさせました。1976年、服(アパレル)とハンドバッグおよびレザー製品のアクセサリーをブランドのラインナップに追加しています。

OROBIANCO(オロビアンコ)


オロビアンコは、1996年、ジャコモ・ヴァレンティーニとエリサ・ロヴァティによって作られたイタリアミラノの新進ファクトリーブランド。イタリアの職人技術により洗練されたデザインワークによって生み出された高感度のアイテムは、世界中で多くの支持を得ています。ジャコモは長年、高級革製品の職人として腕を磨き、ヨーロッパの高級ブランドの革製品を作り続けてきました。現在はイタリア勲位コンメンダの保有者でMADE IN ITALY協会(会員34000人)の会長をつとめています。



おすすめ記事