すぐわかるiPS細胞まとめ


山中伸弥教授がiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞しました。でも、iPS細胞ってそもそも何?そんなあなたでもわかるiPS細胞まとめをまとめてみた。 

まずはWikiから

人工多能性幹細胞

人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、英語:Induced pluripotent stem cells)とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。 

山中伸弥教授ってどんな人?

山中伸弥

日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授。大阪市立大学博士 (医学)。文化功労者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル医学生理学賞を受賞することが発表されている。

 

わずか6年でノーベル賞受賞!5分で分かる「iPS細胞」まとめ

山中教授のこれまでと、iPS細胞について分かりやすくまとめました。私も遺伝子疾患の家族を持つ身として、もっとiPS細胞について多くの人に知ってもらえたらなと思います。

 

iPS細胞の説明ページ

京都大学の開発で世界で初めて作られた細胞組織ですよね!! IPS細胞ってどんな細胞?具体的にどんな効果があるの?そんな疑問解決していきましょう!

不妊治療にも光が見えてきた万能過ぎるiPS細胞

最近ニュースで度々話題に上がるiPS細胞ですが、実際どういう事が出来るのか分からなかったので、iPS細胞についての情報をまとめます。

ES細胞・iPS細胞まとめ

iPS細胞を知らなかった大学生が、ES細胞・iPS細胞についてまとめてみた。

iPS細胞とES細胞の違いについてまとめ

医学が好きで、よく医学関係のニュースを良く読んでいるのですが、 「万能細胞のiPS細胞で○○の治療」とか、 「万能細胞のES細胞で○○の治療」とか、 「iPS細胞」や「ES細胞」という単語を耳にします。

iPS細胞・山中伸弥教授早わかり

ノーベル賞受賞おめでとうございます。