モテる男は香りから!女が惹かれるメンズフレグランス(香水)講座


女性は匂いに惹かれる??


「汗臭い男は勘弁」「タバコ臭い男の人と一緒にいるのが苦痛」などなど。女性は男の匂いに敏感。でも、それだけにふとすれ違ったときにふわっと良い香りがすると、それだけで今まで意識していなかった男性を急に意識しだすこともあるとか。

では、実際に男性が香水などをつけて香りを意識することについて、女性たちはどう感じているのでしょう?

女性の好きな香りとは?


20代の女性を中心に「好きなオトコの香り」とは何か、どんなときに男性の香りにドキッとするか聞いてみた結果、

1位 服についている洗剤や柔軟剤のにおい  27.6%
2位 香水のにおい  23.5%
3位 シャンプーのにおい 18.4%
4位 無臭 18.1%
5位 スポーツマン的な汗のにおい 3.7%

やはり、爽やかで上品な香りを身にまとっている男性はモテるという結果が。

香水も注意しないと嫌われることも


スメハラなんて言葉がある通り、男が香水をつけることはもう当たり前。でも、その香りに気を付けないと逆に嫌われることも。では、女性が好まないフレグランスの香りを見ていきましょう。

■ムッとするような強い匂い
・ナルシスト??30代女性
・一緒にいると気分が悪くなる。20代女性

■あまりにも個性が強すぎる香水の匂い
・ここ日本だよ。30代会社員女性
・トロピカルな匂いは、ちょっと・・(笑)。20代女性

■甘すぎる香水
・女じゃないんだから甘いのは気持ち悪い。20代前半女性
・子供じゃないの?甘いお菓子をいつも食べてるのかと思う。30代女性

匂いで差をつけろ!!メンズ香水の選び方★女性が好む香水とは?!
男性のタバコ臭さや汗臭さは歓迎できなくても、すれ違ったときにふわっと良い香りがすると相手に好意を抱く女性も多いのではないでしょうか。

モテる男の香水講座


今や、フレグランスは男の必須アイテム。でも、だからと言って適当につけているだけでは、逆効果。正しく使ってからこそ、香りが生きてくるのです。

香水の持続時間


フレグランスは濃度やアルコール量によって、香りの持続時間がことなります。香水を選ぶ際は箱やビンの裏にシールや記載されてる濃度とアルコール量を確認しましょう。

パルファン・・・・約5~7時間(エクストレとも言う)
オードトワレ・・・約3~4時間
オーデコロン・・・約2時間
オードパルファン・約5時間(パルファンドトワレとも言う)

美意識高いイタリアの方は変化があるものが人気ですが、日本ではトップ~ラストまで香りが変化しにくいものが好まれます。

どれくらいつければいいの?


自分自身で香りがわかる量は、確実につけすぎ。香水のつけすぎると香りが強力になりすぎて、逆に女性から嫌われます。

男性は体温が女性に比べて体温が高いので、香りも強くたちやすいので、ほどほどが良いでしょう。女性と会っている間に、1~2回、「あれ?」っと思わせるぐらいかすかな香りで十分。それだけで女性はドキッとします。

どこにつければいいの?


沢山ありますが、お勧めはウェスト。男性は、女性に比べ体温が高いので、ただでさえ香りがたちやすいです。腰周りなら、洋服が香りのたちすぎをおさえてくれるので、匂いが強すぎるということも少なくなります。また、足首に少量つけるのも主張しすぎないのでいいでしょう。

どんなことに注意すればいい?


■汗のニオイは香水を台無しにする
汗や皮脂はしっかり落とさないと悪臭の原因になってしまう。香水は清潔な肌にまとうのが基本なので、必ずシャワーを浴びた後や汚れを拭き取った後につけよう。

■ほのかに”香るくらいが上品
英語では香水をつける動作は“wear”を用いる。これは「塗る」というよりも「まとう」というニュアンス。つまり肌が濡れて水たまりができるような量では、つけすぎの場合が多いのだ。

■持続時間の差で、使い分けるべし
一般に「オーデコロン」で1~2時間、「オードトワレ」が3~4時間、男性用はほとんどないが「オーデパルファン」はそれ以上と言われている。

■香りの変化を楽しめるようになろう
香水はトップ、ミドル(もしくはハート)、ラストとノート(香調)が変化する。

■古いものは肌を刺激することも
香水もコスメと同じで光と高温に弱く、開封してから1年が寿命と言われている。直射日光や蛍光灯の下にさらしたり、高温、多湿の場所に放置したりするのは厳禁。

■高温多湿の日本にシトラスがマッチ
香水はさわやかな「シトラス」、温かみのある「フゼア」、清々しい「シプレー」、エキゾチックな「オリエンタル」、優しい「フローラル」などに分類できる。

日本人にオススメの香りは?


様々な種類があるフレグランス。ショップで香りを確認しても、イマイチ、どんな香りがウケるのかわかりませんよね。しかも基本的に外国ブランドが多いので、日本人の特性に合ってない香りも沢山あります。そこで、日本人男性にオススメできる香りの系統を紹介します。

香りはシトラス系

香りは湿度に左右されるため、重く甘過ぎるものは多湿の日本には不向きです。そんな中、多くの日本人に好まれる香りはフレッシュな「シトラス系」と言われています。オレンジなどの柑橘は日本人にもなじみがあり、老若男女に愛されるのでビギナーに最適です。

オードトワレが使える

香水のタイプは自分のライフスタイルにあったものを選ぶのが基本。日本人の男性には職場で使え、仕事で接する人に不快感を与えない香りを選ぶことが大切です。そこで香りがソフトで3時間程度持続する、オードトワレがおすすめ。

ビジネスで使うならナチュラルな香り

職場では人と接する機会も多いため“香害”とならないような香りを選びましょう。フレグランスを選ぶとき自分の好きな香りも重要だが、他人に与える印象を考えることも大事。日本では昼間から濃厚でセクシーなオリエンタル系の香りをプンプン漂わしていると印象はあまりよくないので、避けるのが無難です。

【これで失敗しらず!】日本人男性に似合うフレグランス(香水)選び【メンズファッション】
お洒落な香りを身にまとおう。日本人男性にぴったりな香水の選び方と基礎知識のまとめ。

オススメフレグランス


数ある中から、これはオススメできる香水を紹介します。

定番中の定番


■BVLGARI POUR HOMME