ブーケだって私流!いまどきガールの最新ウェディングブーケカタログ


知っておきたいブーケの種類


結婚式ではドレスと同じくらい欠かせないアイテムであるブーケ。ブーケにもドレスと同じように基本的なスタイルがあります。そんな色々なブーケの種類、形のどれを取り入れるかはあなたの考え次第。

とは言っても、憧れていたブーケのイメージをはっきり持っている人ではないと、正直、どんなブーケが良いかわかりませんよね。そんなブーケ選びのヒントとなるが、ドレスのシルエット。そこで、まずは基本的なブーケのスタイルとそれに似合うドレスを紹介します。

キャスケードブーケ

buke1
上から下へ自然に流れる滝をイメージしたデザインでラインが印象的で気品溢れるブーケです。数あるデザインの中で最も正統派といえ、ダイナミックで華麗な姿はウェディングブーケの代表格と言えるでしょう。

キャスケードブーケは「Aライン」、「スレンダー」、「トレーンを長く引くドレス」のようにすっきりしたドレスとも相性が抜群です。その反面、可愛らしすぎるミニ丈やフリルぴらぴらのドレスとの相性はイマイチです。

ラウンドブーケ

buke2
花が丸い形になるようにまとめたシンプルなデザイン。花材も選ばず、使用する花材や色によって豊富なイメージ展開が可能です。さまざまなドレスにマッチするので、誰からも愛される王道のデザインと言えるでしょう。

ラウンドブーケは「Aライン」、「ベルライン」、「プリンセス」のように愛らしい雰囲気のドレスに合い、裾広がりのマーメイドにもマッチします。また、小柄な方やプリンセスタイプのドレスにもぴったりです。

クラッチブーケ

buke3
クラッチは英語で「ぎゅっとつかむ」という意味。片手で持てる大きさで切り口を揃えるだけのナチュラルなデザインで花の特徴と作り手によって様々なテイストに姿を変えることができ、近年人気のブーケです。また、結んだリボンによっても印象を変えられるのも特徴です。

クラッチブーケは「スレンダー」、「マーメイド」のように肩や胸、ウエスト部分にポイントのあるすっきりとしたタイプのドレスに適しています。また、個性派ドレスや和装にも合い、ナチュラルやスタイリッシュなイメージを演出するのにぴったりです。

アームブーケ

buke4
クラッチブーケと同じように茎を生かして作られますが、カラー、ユリ、アマリリス、カサブランカなど、背が高い花材の茎の美しいラインをそのまま生かして細長く束ねたデザインで腕に抱えて持つことから「アーム(腕)ブーケ」と呼ばれています。

アームブーケは「スレンダー」、「マーメイド」のように大人っぽいスレンダーなシルエットや、スタイリッシュでシンプルなものが似合います。特徴がある分、ドレスとの相性に気を付けなくてはならないブーケと言えます。

オーバルブーケ

buke5
縦にやや長い卵型の楕円を描き、ラウンドを少しふっくらさせたようなデザインで、大きめの花や動きのある葉ものが映えます。キャスケードほど長くないため、小柄な花嫁でもゴージャスさを演出することができます。

オーバルブーケは「プリンセス」、「ベルライン」、「Aライン」のようにシンプルなドレスに調和してより印象的に演出することができます。また、パフスリーブやトレーンをひくようなドレスにもマッチするでしょう。

ボールブーケ

buke6
ボールのようにどこから見てもまん丸なデザインで、ブーケを吊り下げる紐に指を掛けて持ちます。どこから見ても花がきれいに見える上、両手が使えるのでとても自由度の高いブーケです。

ボールブーケは「プリンセス」、「ベルライン」との相性がよいですが、最近では紐次第で和装にも合わせられると注目されています。ただ、丸みを帯びたデザインなので、スレンダーなドレスには不向きかもしれません。

クレッセントブーケ

buke7
クレッセントとは「三日月」のことで、その呼び名の通りまさに三日月のような弧を描いているデザインで神秘的でありながら教会式にも映える品格があります。花材によって与える印象が変わるので、ゴージャスにも、ナチュラルにも対応できます。

クレッセントブーケは「プリンセス」、「Aライン」との相性が抜群で、個性的にスタイリッシュに決めたいと思っている方にピッタリです。

リースブーケ

buke8
クリスマスに飾るだけでなく「永遠」を意味する丸いデザイン。ハンドルを付けて持ちやすくしたり、リボンを持ち手にすることもできます。丸型だけでなくハート型に作ったり、花だけでなく木の実やフルーツなどを織り込んで個性的にアレンジすることもできるもの大きな特徴です。

リースブーケは「プリンセス」、「ベルライン」ように妖精のようなふわっとしたドレスやシックなAラインのドレスとの相性が良く、そのキュートな印象から、かわいらしいドレスによく合います。

ブーケカタログ画像


ブーケの基本種類をおさえたところで、素敵なブーケの参考画像を紹介します。あなたのイメージにぴったりなブーケがきっと見つかりますよ。

ラウンドブーケカタログ


王道のブーケと言えるラウンドブーケは「赤」と「青」を組み合わせることでよりいっそう鮮やかな印象の配色になりますし、同系色にすることでやさしく柔らかな印象になるなど、その配色によってイメージがガラリと変わります。

配色比率は厳密なルールがあるわけではないのですが、一般的に「ベースカラー70%、アソートカラー25%、アクセントカラー5%」と言われ、この比率を守ると綺麗な配色になりやすいので、覚えておくといいですよ。

白・グリーン系のラウンドブーケ

■白単色
buke9

■白×グリーン
buke10

白ベース×アクセントカラーのラウンドブーケ

■白×ブルー
buke11

■白×紫
buke12

■白×ピンク
buke13

ピンク系のラウンドブーケ

■ピンク(薄)単色
buke14

■ピンク×白×オレンジ×ラベンダー
buke15

■ピンク(薄)×グリーン
buke16

■ピンク(薄)×グリーン(薄)×水色
buke17

■ピンク(濃)×オレンジ
buke18

イエロー系・オレンジ系のラウンドブーケ

■オレンジ×黄色×白×グリーン(薄)
buke19

■黄色×オレンジ×ピンク
buke20

■オレンジ×赤
buke21

ブルー系のラウンドブーケ

■水色単色
buke22

■水色×グリーン(薄)×紫
buke23

■水色×ブルー
buke24

クラッチブーケカタログ


花材を片手で持てるくらいに小ぶりに束ねて、茎の切り口を揃えるだけにしたナチュラルなブーケであるクラッチブーケは近年大人気。野に咲く花を束ねたような軽やかで自然な雰囲気が素敵なクラッチブーケの参考画像を紹介します。