あなたの犯罪者に?なりすましウィルス、犯行予告事件まとめ


知らないうちにネット上に犯罪予告の書き込みをされてしまうらしいです。恐怖のなりすまし犯行予告ウィルス「iesys.exe」まとめをまとめてみた。

遠隔犯行予告ウイルスiesys.exeの恐ろしい挙動・チェック法
ヲタロードで大量殺人予告、幼稚園児襲撃予告、伊勢神宮の爆破予告の3事件で逮捕された人物が続々と処分保留で釈放しています。この事件に共通するのが、PCウイルスに感染しており遠隔操作で予告が行われた事です。このウイルスの名前が「iesys.exe」ということが判明しました。

 

掲示板のスレッド経由の遠隔操作で犯罪予告を行う「iesys.exe」の正体まとめ
「飛行機に爆発物を仕掛けた」としてオウム真理教の松本智津夫死刑囚の釈放を求める内容のメールが日本航空の顧客対応窓口に届いて米国行きの便が引き返す事件が発生したり、大阪市の市政への意見募集欄に「(大阪・日本橋の)オタロードで歩行者天国にトラックで突っ込み、無差別にひきまくります」と書き込んだ件で誤認逮捕されてしまった北村真咲さんのパソコンから発見された遠隔操作を行うウイルス(バックドア、要するに裏口を作る不正プログラム)は「iesys.exe」というファイル名であったことがわかったわけですが、一体コレはどういうものなのかというのをウィルスバスターで有名なトレンドマイクロが解説しています。


遠隔操作ウイルス”iesys.exe”対応力まとめ
ここまでのiesys.exe対応力まとめ

【ガンダム助監督も】ネット犯行予告で相次ぐ冤罪と遠隔操作ウィルスの恐怖
殺人予告メールを送信したなどとして逮捕されていた大阪や三重の男性が、新種の遠隔操作ウィルスが発見され成り済まし送信だった可能性があるとして相次いで釈放。どういう事態になっているのか、まとめました。

遠隔操作ウイルス事件で浮かび上がる真犯人像
遠隔操作ウイルスに感染したパソコンからネット上に犯罪予告が多数書き込まれたなりすまし事件が話題になっています。捜査で判明したウイルスについての情報は続々と報道されていますが、真犯人像については不明な部分も多いので、明らかになっている事をまとめてみました。

遠隔操作ウイルス「iesys.exe」まとめ
大阪と三重の男性2人のパソコンが「iesys.exe」(アイシス)に感染して感染したパソコンからインターネット上に犯罪予告の書き込みをしたとして逮捕された事件