モテ系メンズファッションの新定番!秋冬はジャケットコーデがオシャレ。


秋冬ファッションの新定番となっている「ジャケパン」スタイル

今年の秋冬はどんなスタイルで、どんなアウターをメインにコーディネートを組み立てようかと、考えている人も少なくはないのではないでしょうか?!

そんなかたに是非、チャンジしてもらいたいのが「ジャケパン」スタイル。ここ数年、違う生地や色のジャケットとパンツを組み合わせる「ジャケパン」が増加中。秋冬メンズファッションの新定番となっています。

「ジャケッパンってオシャレだけど、ちょっと難易度高めだよね」

確かにジャケパンは着こなしがちょっと難しいかもしれません。でも、ビジネスシーンではスーツとは違った印象を相手に与える事ができるし、プライベートなシーンでもエネルギッシュでスタイリッシュな印象を与え、見た目年齢もぐっと抑えることが出来るのが◎。着こなすことができれば、女子からの熱い視線、間違い無しですよ。

ジャケパンを着こなすポイント

適当にジャケットとパンツを選んで着てみても、なんとなくしっくりこないのがジャケパンスタイル。格好よく着こなすポイントを抑えていなければ、格好よく着こなすのは難しいのジャケパンです。

ジャケットは単体で購入する!

ビジネスシーンでよくあるのが、ジャケットを購入せず、既に持っているスーツの上着をジャケット代わりにしてしまっているコーディネイト。スーツの上着はネクタイをすることを前提に作られているので、シルエットがジャケパンスタイルには適していません。

ジャケットを選ぶ際に注意してほしいのが、自分の体型にマッチするものを選ぶこと。特に肩幅はジャケットは肩で着ると言うほど重要。ショルダーラインが合っていればこそ、本来の美しいシルエットが発揮されるます。更に注意したいのが、腕を通す穴、「アームホール」。どんなに肩が合っていても、ここのフィット感次第ではやぼったい印象になってしまいます。逆にアームホールがマッチしていると、袖をすっきり見せ、腕を細く、長く見せる。脇の下に隙間ができやすいので、正面から見たとき、体がすっきり見えます。ジャケット肘まわりの生地をつまみ、10~12センチの余裕がある状態が望ましいので、試着する際に確認しましょう。

パンツはチノパンやデニムが◎

数年前までは白パンは夏のコーデ用として人気でしたが、近年ではシーズン問わずに年中着こなすことが多くなってきたので、暗めのトーンのジャケットに白パンをあわせるという秋のコーデもお勧めできます。

ジャケパンがダサく見える着こなし

ジャケパンはコーデが決まるととてもオシャレですが、少しでも間違えると逆にダサく見えてしまいます。

ジャケットとパンツが同色系

パンツの色と、ジャケットの色を同系色で合わせるのは避けましょう。グレーのパンツにグレーのジャケットという組み合わせは最悪です。スーツではないですが、ビジネスシーンでも使えるセットアップが流行っており、これはもちろん同系色でも問題ないですが、ジャケットとスーツを合わせるジャケパンコーディネートでは同系色を合わせるのはさける様にしましょう。ただし、黒ジャケットにグレーパンツなど、同系色で濃淡をつけると、これはこれでスタイリッシュなコーディネートになります。

シルエットがルーズ

今は細身のシルエットが流行っています。ですので、緩いジャケットのチョイスはあまりないかと思いますが、シルエットは注意しましょう。スーツを着こなす際と同じく”シルエットはタイトに”がポイントです。特に注意したいがチノパン。いくらシルエットのキレイなテーラードジャケットとシャツを着ていても、パンツがダルダルのチノパンにスニーカーでは残念な印象になってしまいます。

素材が夏向け

季節にあった素材はチョイスする様にしましょう。夏のシーズンにシアサッカー素材はGOODチョイスですが、秋になるともうNG。季節感は外さない様にチョイスするアイテムの素材選びには気をつけましょう。

色別ジャケパンコーディネイトスナップ

ネイビ−ジャケット

ネイビージャケットさえあれば、パンツはネイビー以外は何でもあいます。白パンツ、黒パンツ、グレーパンツはもちろん、少し難易度の高い着こなしもばっちりです。

akijake1
出典http://matome.naver.jp/
今の時期に着たい薄手のジャケットですね。ホワイトパンツと合わせて爽やか。

akijake2
出典http://matome.naver.jp/
ジャケットの顔部分に近い「襟」の形やデザインを理解して、襟でスタイリングを決める事も、ジャケットを奥深く着こなすことの男性の技ではないでしょうか!?

akijake3
出典http://matome.naver.jp/
知性と誠実さ、清潔感あるジャケットスタイルの一つといえば、ハイゲージハイネックニットをインナーに合わせるコーデ★

akijake4
出典http://matome.naver.jp/
インナーにマルチカラーのチェックシャツを使っていますが、ボタンを上までしっかりと閉め、タックインしているため、適度にフォーマル感が漂っています。キャップとローテクスニーカーでバランスのとれたスタイル。

akijake5
出典http://matome.naver.jp/
紫がかったネイビーのテーラードジャケットにリジッドデニムを合わせたキレイめコーディネート。しかしながら、ハット、リュック、インナーのニット、そしてニューバランスのスニーカーと随所にハズシ要素がちりばめられています。

akijake6
出典http://matome.naver.jp/
寒い時期にはカットソーやニットにストールをプラスして防寒対策。テーラードジャケットのフォーマルさと、ペンキ跡のついたダメージジーンズとのギャップが新鮮なコーディネート。

akijake7
出典http://matome.naver.jp/
ネイビーのジャケットにチノパン、ブラウンのブーツを合わせたテッパンコーデ。ストールで首元にボリュームを。

akijake8
出典http://matome.naver.jp/
ジャケットをブルゾン感覚で着用し、ジャケット以外は以外はスポーツやリラックススタイル。

akijake9
出典http://matome.naver.jp/
3つボタンのアンコンジャケットのボタンを全部閉め、カーディガンのように着こなしたコーデ。ブルー、ベージュ、ブラックの3系統の色のみで構成されたミニマムな思想がかっこいい。

ブラックジャケット

黒ジャケットは1枚で着回しのきくアイテム。特にキレイめアイテムの王道であるテーラードジャケットを使えば、どんなアイテムと合わせてもある程度「キメた」印象を作ることができ、お洒落を演出することができます。

akijake10
出典http://matome.naver.jp/
カジュアルにボーダーは定番アイテム。ラインが細いデザインは大人感アップです。

akijake11
出典http://matome.naver.jp/
オーソドックスな黒テーラージャケットを、ほぼモノトーンベースで色味を抑えたカジュアルコーディネート。

akijake12
出典http://matome.naver.jp/
テーラードジャケットでも、フォーマルっぽいのが良ければ長めの丈を、カジュアル寄りなら短めの丈を選ぶと良いかもしれません。

akijake13
出典http://matome.naver.jp/
全身ブラックながら首元が開いたUネックカットソーで抜け感のあるコーディネート。ブラックのカーゴパンツでカジュアルダウンを図っています。

akijake14
出典http://matome.naver.jp/
全身をブラックで統一し、インナーのシャツのみにドット柄を差してモードに。モードな雰囲気に黒縁メガネ、クラッチバッグがばっちりハマっています。