ママだって入学式はおしゃれしたい!一からわかる入園式・入学式の服装マニュアル


入園・入学式ってどうすればいいの?

もうすぐ入園式・入学式シーズン。入園式や入学式は可愛い我が子にとっても、そして私たち親にとっても数年に一度の一大イベント。そんな一生の思い出に残るイベントだからこそ、服装やファッションには気を使いたいものですよね。

でも、初めての子の場合、何もかもが初めてで、子供には何を着せてあげればいいの?私は何を着ていけばいいの?髪型はどんな風にして行けばいいの?なんて、わからないことだらけ。

そんな入学式を控えたママが家族みんなでオシャレに入学式に出席するための情報を紹介します。

入学式・入園式はママはどんな服を着ていけばいい?

子供の入園式や入学式に向けて、ママもフォーマルな服装を用意しなくてはいけないので、いろいろと悩まれてる方もおられるでしょう。

実際、600名のママに「お子様の小学校の入学式(または卒園式)に出席するために、ご自身の新しい洋服を購入したことがありますか?」と尋ねたところ、7割近くのママが入学式等のために洋服を購入するという実態が明らかになりました。

また、「購入する際に悩んだ経験は?」という設問では、68.7%が「ある」と回答。大切なイベントのための衣装だからこそ、T.P.O.はわきまえたいし、トレンドだってはずしたくないし……とみんな悩んでいます。

先輩ママたちはどんな服で入学式に出席した?

ママが入学式に着ていく服装は①スーツ、②ワンピース③着物の3つが主流です。
中でもスーツととワンピースを着てくママが多く、迷ったらこの2つのどちらかを選ぶようにしましょう。

流行はセットスーツ、ジャケット+ワンピース+スカート、ジャケット+スカート+パンツ、などの3点セットや、ワンピース+ジャケットが人気です。また、ジャケットはツイードなどの表面に変化のある素材が、ワンピースはシフォンやレースなどのフェミニンな素材が主流になっています。

パンツスタイルにする場合、かっこよくなりすぎない、ママらしい柔らな印象を目指してください。

どんな色の服装がいいの?

入学式では白やパステルカラーの明るい色を選ぶとよいとされています。実際にママが入学式に着ていく服装のカラーは白が1番人気。次にグレーやベージュ等の淡い色と、黒や紺等の暗い色が人気です。

逆に赤や濃い紫、濃いピンク、濃いオレンジなど、濃くて派手めの色合いのものは絶対にNG。入学式早々、浮いてしまいます。

入学式の服装で注意したいポイント

  • ストッキングを忘れずに(生足はNG)
  • サンダルや高すぎるハイヒールはNG
  • ネイルは清楚にとどめて(付け爪はNG)
  • アクセサリーは、基本パールが無難

パールのアクセサリーは1つ持ってると色々な場面で付け回しができて便利ですので、これを機に揃えておくのも良いでしょう。

可愛さ華やかさはそこそこに

『スーツ』や『ワンピース』スタイルを入学式で選ぶママはスカート丈に気をつけて下さい。スカートやワンピースなら膝丈、パンツならフルレングスやクロップド丈など長めの丈ですっきりした印象に見えるものにしましょう。

また、胸元が開きすぎているという服装は、入園式には好ましくありません。胸元はブラウスなどでボタンがあればしっかりと締めてください。

アクセサリーは?

入園式・入学式アクセサリーは、やっぱりコサージュが定番。入学式のママのスーツに付けるコサージュは、春という季節柄 淡く優しい色合い(パステルカラー)のものがおすすめです。大きさはあまり大きくなく、直径は8センチ位までの大きさが少し控え目で上品に見えます。

お花のコサージュに抵抗ある・・・という方は、もちろん、ピン・ブローチでも大丈夫です。また、小さめのコサージュを選ぶと、かわいい印象になります。

主役は子供ということを忘れずに

全身黒の洋服でゴールドのアクセサリーをジャラジャラとつけた金髪のお母さんの姿……たまにお見かけします。

別に服装が悪いわけではありませんが、主役はあくまで子ども、お母さんが目立ってしまわないように気をつけて。華やかではあっても派手にはならないように「上品さ」を心がけてほしいものです。

卒業式のを着回せない?

また、入学式は卒業式のすぐ後ですので、服装も使い回したいところですが、卒業式と入学式では趣旨が異なることから、出席する際の服装も異なります。着回する場合、パンツやスカートがセットになっているスーツなど色使いや着回しができるセットもありますので、そういったセットを購入すると良いでしょう。

卒園式・卒業式

先生やお友だちとの「お別れ」の場、「感謝」を示す場。服装は入学式よりも厳粛さを大切にした控えめな装いに。

色はネイビー・ブラック・深めのグレーなど「落ちつきのあるシックな色」。

入園式・入学式

新しい「出会い」の場、「喜び」を表す場。服装は晴れの舞台にふさわしい明るい装いで。

色はベージュ・ピンク・明るめのグレーなど「品のある明るい色」。

卒業式・入学式使い回しコーディネイト例

■ヘチマ風テーラージャケットとリボンワンピースのアンサンブル


出展:https://matome.naver.jp/

卒業式・卒園式・入学式・謝恩会・七五三のセレモニーはもちろん、 通勤やお出かけの日常使いまで、マルチに活躍するカラーフォーマルスーツ。

すっきりとシャープな着こなしができるアンサンブルです。オーソドックスなデザインで、飽きの来ない定番タイプのスーツ。ラメがさりげなく光る素材はブライダルの着用もOKです。

後悔しない服装選びを

ママの6人に1人は“服装での失敗”を痛感しているとのデータがあります。具体的に、「失敗したな」と思った理由で最も多かったのは、「他のママと比較して地味だと感じた」で、「自分に似合っていなかった」、「コーディネートが上手く出来ていなかった」という結果になりました。

無難にまとめようとした結果、地味すぎてしまった……という人が多かったようです。

入園式・入学式でのコーディネイトカタログ

■ウールシルク混 ツイード調ワンピーススーツ


出展:https://matome.naver.jp/

色は杢グレー、杢ネイビーと杢ブラウンの3色。ジャケットは上品なネップツイード素材。総裏地仕様。クラシカルな印象のノーカラー。

別売りですがコサージュをつけると落ち着いた中にも華やかさがアップ。


■セットアップスーツ


出展:https://matome.naver.jp/

表情豊かなテーラードジャケットとサテンボーダーのスカートを組み合わせた、フォーマルセットアップです。



おすすめ記事