オンナが惚れるスーツスタイル!モテる男がこっそりやっているスーツの選び方


オーダースーツは自分の体にあった型紙で作ることによりこの一番大事なシルエットを綺麗に見せる事が出来ますが、その際に注意したいポイントを紹介します。

スーツスタイルは体型に合わせて

体型に合わせてスーツスタイルを選択する。 ブリティッシュ(細身型~標準型)、 イタリアクラシコ(標準型~太め型)、 アメリカントラディショナル(太め型)。

袖丈は日常生活を想定して

鏡の前で直立した状態で測定した袖丈の長さは短い。パソコンの操作、ドアの開閉、電車の吊り革を掴む時などの日頃の動作を考慮した長さにする。

アームホールは細め

モダンなフォルムにするため、ジャケットのアームホールは細めにする。

袖幅は細め

モダンなフォルムにするため、ジャケットの袖幅は細めにする。

背中からヒップにかけてはS字ライン

後ろから見てもかっこいいフォルムにするため、背中からヒップにかけてS字のラインを描くようなフォルムになるように採寸してもらう。を描くようなフォルムになるように採寸してもらう。

着丈は若干短め

ジャケットは足長効果があるサイドベンツ仕様にする。モダンなフォルムにするため、着丈を若干短めにする。

パンツは座って確認

モダンなフォルムにするため、スラックスはノータックのテーパード仕様、前ポケットは垂直型にし、採寸時は、椅子に座って着心地を確認する。

受取時は入念にチェック

完成したスーツを受け取る時、時間をかけて確認する。着心地などで気になる点がある場合、物怖じせずフィッターに伝えたほうが良い。

オーダースーツでこだわりたいポイント

スーツをオーダーする時、こだわりたいポイントを紹介します。

生地

着心地の決め手にもなる生地はオーダースーツを作る上で要となる要素です。スーツに使用される生地は種類が多く、生地の種類や着こなしたいシーズン、職業などにあわせて選びたいポイントです。

種類の豊富さからなかなか自分では決めるのが難しいポイントでもありますので、テーラーと相談の上選んでいくようにしましょう。

ボタン

様々な素材、サイズがあり、どのボタンをつけるかによってスーツをよりいっそう引き立ててたり表情をかえてくれる大事な要素。貝や水牛素材など、素材も様々で何をつけるかで自分らしい個性が発揮できる点です。

もし何にするか迷った場合は高級スーツについている水牛ボタンを選べば間違いないでしょう。スーツのさり気ないポイントとなるボタン。その昔から仕立て服によく用いられた高級ボタンこそ、水牛ボタンです。

裏地

せっかくオーダースーツを作るのですから見えない裏地にまでこだわりたいです。
派手なカラーのものからシックなものまで裏地もバリエーションが豊富です。ブランド生地にはブランドの裏地をあわせてあげるとやはり見栄えがよくなります。

ステッチ

ステッチの色をかえてみたり少し太めにしてみたりするだけでもその人のこだわりを感じます。既成品のスーツだとステッチまでこだわっている物は少ないので是非オーダーならこだわりたい!見えない細部まで気にしている人というのはオシャレで通に見えます。

 

 

 

 



おすすめ記事