少し気遣いでビシっと決まる!明日からモテモテになるスーツ着こなし術


周りと差がつくワンランク上のスーツ着こなし術

毎日のように着るものだから、ついマンネリになりがちなスーツの着こなし。一年中同じスーツを着まわしている、なんて人もいるのでは?単なる仕事着だからと諦めず、せっかくならビシっとお洒落に決めて、女子たちをドキッとさせてみましょう。

「でも、スーツをカッコよく決めるなんて、高級スーツが必要なんでしょ」

いえいえ、スーツをきちんとお洒落に着こなすのにお金やセンスは必要ではありません。気をつけるべきポイントを知っているかいないかそれだけの差でスーツ姿が見違えるようになります。

それでは、どうしたら女子ウケのいいスーツスタイルになるか、見ていきましょう。

 

カッコいいスーツの着こなし術

サラリーマンは皆スーツ姿。でも、同じスーツでもカッコいい人と残念な人がいるのはどうしてでしょうか?その秘密はちょっとした工夫とその着こなしにあります。人よりワンランク光るスーツの着こなし術を紹介します。

スーツはジャストサイズは選ぶ

価格が高いスーツを買う必要はありません。しかし、サイズはジャストサイズが絶対条件。ジャケットのサイズが大きすぎると短足に見えて、カッコイイスタイルになりません。できれば「気持ち小さめ」くらいのサイジングがオススメです。

ジャケットの肩のサイズをあわせる


出展:https://matome.naver.jp/

ジャケットの肩幅のサイズが合っていないとブカブカした見た目になってしまいます。きちんとフィットしたものを選んでください。

ジャケットの袖からシャツを1cmほど出す


出展:https://matome.naver.jp/

必ずジャケットから1.5cmほどシャツの袖を出しましょう。出ていないとジャケットがオーバーサイズに見えて子供っぽくなりダサいです。必要であればお直しに出しましょう。

ジャケットの襟から1.5cmほどシャツをのぞかせる


出展:https://matome.naver.jp/

ジャケットの襟からシャツを1.5cm程必ずのぞかせてください。このようにシャツの襟が1〜2cmほど出ている状態が、ジャストサイズです。

着丈は長すぎず短すぎず


出展:https://matome.naver.jp/

着丈はお尻がギリギリ隠れるくらい。これより若干短いのが流行りですがあまり着丈が短いものはモードっぽくなってしまうのでビジネスには不向きです。

スーツの価値は”色”で決まる

スーツは、ジャケット、パンツ、シャツ、ネクタイの色の構成をどうするかによって、全く印象が異なります。スーツのカラーコーディネートを色別で心得ていれば、たとえ高いスーツでなくても、お洒落に見えますし、社内や取引先であなたの評価を上げる事になるでしょう。

ネイビー・ブルー系スーツ


出展:https://matome.naver.jp/

ブルー系いってもネイビーからライトブルーまでその濃淡や明暗は様々です。ネイビーやブルー系のスーツは相手に知性的で信頼感のあるイメージを与えるため、ビジネスに向きのコーディネートと言えます。

涼しげで清潔感があることから「夏のイメージ」が強い色ですので、濃淡ブルーと+白シャツというコーディネートをすると爽快感をアピールできます。但し、裏を返すと無難で地味になりがち。ネイビー系のスーツは、無地だけでなくストライプなども取り入れたり、白いシャツならば模様が入っているものや、パステルカラーなどを合わせるとオシャレな印象にもなります。

黒・グレー系スーツ


出展:https://matome.naver.jp/

オールシーズンに対応できる色ですが、どちらかと言うと「冬のイメージ」が強い色です。真面目、落ち着いている、安心感。日本人の肌に一番合う色と言われていて、スリムでスタイリッシュに見せることもできます。

Yシャツやネクタイとの合わせは無彩色のため基本的には全ての色がマッチします。どの色も相性が良く、同系色・反対色で組み合わせても問題ありませんが、しかし、モノトーンだけに白いシャツやダーク系ネクタイなど、ありきたりのパターンでは地味な印象を与えてしまいがちなので、シャツやネクタイに指し色を加え着こなしに変化をつけていきましょう。

白いシャツに、コントラストの強い色のネクタイを合わせることで、垢ぬけたイメージになります。

Yシャツはワイドカラーがオススメ


出展:https://matome.naver.jp/

Yシャツは襟の形と袖丈、胴回りにこだわりましょう。タイドアップした時、ジャケットを着た時、脱いだ時の見た目が全然違います。また、襟の形はワイドカラーがオススメ。襟が開いている分、ネクタイを締めた時の結び目が美しく見えるのでこのような襟の形のものを選びましょう。

ネクタイはきつくしめ、必ずディンプルを作る


出展:https://matome.naver.jp/

きちんときつくぎゅっと締めあげてください。ディンプルとは結び目の下に見える窪みの事です。サラリーマンの9割は作っていませんがこれがあると垢抜けて見えます。おしゃれな人は必ずディンプルを作っています。

ベルトのサイズを合わせる


出展:https://matome.naver.jp/

ジャケットを脱いだ時に目立つのでベルトにも手を抜かないよう季節感のあるものにしましょう。きちんとウエストのサイズに合わせたものを着用してください。長かったり、短かったりするとダサいです。

パンツの丈はダブル、長さはジャストサイズで


出展:https://matome.naver.jp/

長めにして履いている方が多いですが、裾がブカブカしているとだらしない印象です。パンツの裾幅はダブルで、ノークッションで仕上げましょう。あまり長くしたりシルエットが太いと野暮ったく見えます。思い切って気持ち短めにしましょう。ダブル4.5cm裾幅19cmくらいがおすすめです。

綺麗な靴を履く


出展:https://matome.naver.jp/

靴が最も重要なのですが、靴に気を使っていない人が多すぎます。上質な手入れがされた靴を履きましょう。ソールがすり減っていたり、履き皺が深く入っている靴を履いていると台なしです。1足しかないと消耗が速いので3足くらいを履きまわしましょう。

失敗しない! シャツとネクタイ “柄と色” の合わせ方

意外と難しく毎朝頭を悩ませるシャツとネクタイの組み合わせ。いくつかポイントを押さえれば簡単におしゃれコーディネートが出来るんですよ。

まずはワイシャツの種類を知ろう!

襟の種類や生地などがいっぱいあるので、シャツ選びに非常に迷ったことってありますよね。シャツの生地から襟型など、相手にどのような印象を与えるのか、どんな場に向いているのかをチェックしましょう。

レギュラーカラー


出展:https://matome.naver.jp/

ワイシャツの定番中の定番スタイル。長さや開きが最も標準的。フォーマルにも。(最近では、開き角度 75~90度が一般的です)

ワイドカラー


出展:https://matome.naver.jp/

開き角度が100~140度で、レギュラーカラー同様古くから親しまれる定番スタイル。ネクタイとの相性がよく、ネクタイの結び目を大きくすると、さらに着こなしが締まり、ブリティッシュスタイルの着こなしがよく似合う。

ボタンダウンカラー


出展:https://matome.naver.jp/

アメリカントラッドの典型的なスタイルでアイビーの必須アイテムとして大流行。その後ヨーロッパ、日本へと広がり現在ではドレスシャツとして定番化した。ノータイでも様になるため、近年のクールビズ、ウォームビズで外せないスタイルとなっている。

ドゥエボットーニ


出展:https://matome.naver.jp/

「ドゥエボットーニ(due bottoni)」はイタリア語で「2つのボタン」という意味。イタリア発祥のカラー。衿台にボタンを2つ取り付け(通常は1つ)、衿代を高くすることで、特にノータイ時のVゾーンがシャープな印象となる。

クレリック


出展:https://matome.naver.jp/

1920年代に流行したクラシックなブリティッシュスタイル。カラー無地や柄物の身頃と 白い袖、白い衿がついていることが特徴で、ドレッシーな風合いが人気のスタイルとなっている。

トレボットーニ


出展:https://matome.naver.jp/

衿台に3つのボタンを置く、トレボットーニ。イタリア発祥のドゥエボットーニから派生した。ノータイ向けで、首周りに強い自己主張をする。

二枚衿


出展:https://matome.naver.jp/

衿羽を二枚重ねにし、立体感のある首元を演出する。近年大流行。

ピンホールカラー


出展:https://matome.naver.jp/

えり羽先の中ほどに穴をあけてピンを通し、その上からネクタイを引き出して、襟元を引き締めるドレッシーなカラースタイル。長い歴史をもつ定番ながら、根強いファンからの支持を受ける。

ショートポイントカラー


出展:https://matome.naver.jp/

レギュラーカラーとほぼ同じ開きで、衿羽長さの短いカラー。近年大流行する。

ここぞの一本に使いたいネクタイブランド

消耗品なのでたくさんは買えないけど、一本くらいここぞという勝負ネクタイが欲しい。コレ買ってよかった・貰ってよかった間違いなしのネクタイブランドを紹介します。

E.MARINELLA(E.マリネッラ)

各国首脳に配られたことで有名。英国デヴィッド&エヴァンス社のプリント小紋地を使用したタイはブランドの顔。



おすすめ記事