電気代、水道代、ガス代、全部節約!お金がザクザク貯まる光熱費節約術


アベノミクスと言っても家計の負担は増える一方。子供の学費、レジャー費、飲み会などの交際費。給料が上がらないのに、どうやってやりくりすればいいの!

そんな中、電気代、水道代、ガス代といった光熱費をなんとか節約して、その分のお金を将来の貯金に回したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

日々、生活するだけで増えていく光熱費。そんな光熱費を節約するポイントは冬の暖房費と夏の冷房費をいかに抑えるかに絞られます。

というのも、この寒さ、暑さ対策に関わる電気代が光熱費に割合の多くを占めるので、ここを安く抑えることができれば、それだけ大きな節約効果があるからです。

意外かもしれませんが、日本の全国平均で見ると冷房を使用している期間よりも暖房を使用している期間の方が圧倒的に多いため、特に暖房費用の節約はダイレクトに効果的な光熱費節約につながります。

それでは、そんな冬の暖房費を節約するためにどんなことをすれば良いのでしょうか?そのポイントは大きく5つあります。

  1. 必要な時だけ暖房をつける
  2. 窓から熱を逃がさないようにする
  3. 灯油を使った暖房器具と扇風機で部屋を暖める
  4. 暖房器具のメンテナンスは怠らない
  5. 首、手首、足首の保温を心がける

この5つのポイントを押さえて、暖房効率を高め、部屋を暖め過ぎない。これを実践して、日々の光熱費を効果的に節約しませんか?

そこで、今回はそんな家計を助ける光熱費節約術を大特集。

光熱費を安く抑えられる部屋作りのポイントから寒い時期に必見の暖房費節約テクニックに暖房器具のコスト比較や梅雨の除湿、夏のエアコンに掛かる電気代節約術に水道代やガス代の節約方法など、家計の内の固定費を賢く節約する方法まとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

光熱費節約術

生活する上で毎月、必ず掛かる光熱費。

「光熱費は固定費だから節約の対象外」

「光熱費の節約は生活の質を下げるし、神経質になりすぎるからあまりしたくない」

なんて、思っていませんか?光熱費の中でもそんなに必死にならず、ほんのちょっとの手間で実践できる小技がたくさんあります。

そんな簡単、確実に光熱費を抑えられるテクニックまとめを紹介します。

一人暮らしの光熱費を右肩下がりにする方法まとめ
一人暮らしの生活を始める時、何かとかさむ費用。生活を始めてからも食費、光熱費など生活費がどんどんかかってしまいます。そこで光熱費(電気・水道・ガス)の節約方法を集めます。意外と知らなかった事や間違った節約法など発見があるかもしれません。節約法を実践して光熱費を右肩下がりにしていきましょう。


500円!? 毎月光熱費を節約する5つの方法!!(確実です)
間単に実践できる方法ばかりです。

光熱費を安く抑える部屋作りのコツ

光熱費の内、負担となるのが冬の暖房費と夏の冷房費かと思います。そんな冷暖房費を安く抑えるには部屋を夏は涼しく、冬は暖かくすることがポイント。

そんな暖房いらず、冷房いらずの部屋とはどんな部屋なのでしょうか?そんな光熱費があまり掛からない部屋作りのコツまとめをまとめてみました。

光熱費を安くおさえる物件を選ぶための6つのポイント
新しい部屋を探すとき、場所や毎月の家賃も気になりますが、住んでからの光熱費も物件によって大きく差が出ますよね。少しでも安くおさえるためのポイントをまとめてみました。


暖房代をグンとおさえる部屋の寒さ対策
最近急に寒くなってきましたよね。朝方に氷がはった地域もあるとニュースでやってました。気温が低くなって部屋がとにかく寒いんです。暖房をつければいいのですが、やっぱり電気代がかさむので…。そこで少しでも部屋の寒さを防ぐ対策を調べてみました。


夏の暑さ対策!風通しの良い涼しい部屋の作り方
暑い夏の季節、節電がさけばれている中、ついついエアコンに頼ってしまいがち……でも、エアコンをつけると、体調や電気代も気がかりですよね。そこで、上手な風通しの良い涼しい部屋の作り方をまとめてみました。

冬の暖房費節約術

寒い冬に暖房器具は必需品。

でも、その暖房費が家計を圧迫している。。。

もうちょっと暖房に掛かる費用を節約したいなぁ。かといって寒いのもイヤだし。。。

冬の暖房費を無理しない程度に節約したと考えている人は多いのではないでしょうか?

そこで暖房費の節約術まとめをまとめてみました。

冬の光熱費「無駄遣い」を減らす5つの方法
冬場はストーブなどの暖房費がかなりかかってしまいます。今回はそんな光熱費の高い冬の暖房費を最低限にし、年間の光熱費を大きく節約する方法をいくつか掲載いたします♪


財布も身体もポッカポカ♪冬の電気代を抑えるポイントをまとめてみた
冬は電気代が高くなりがち。でも寒さを我慢するのも嫌!!!安心してください。ちょっとした工夫で我慢せずに電気代を抑える「節電術」をご紹介致します。


知らずに損してない?冬を迎える前に知っておきたい暖房節電テクニック
冬も間近に迫ってきており、寒い季節が訪れます。冬といえば暖房器具が必需品となりますが、やはり気になるのが電気代。そんな暖房の電気代を少しでも抑える為の節電テクニックをまとめてみました。


「寒い部屋の方必見!」 節電しながら身も財布も暖かくなる方法
そろそろ気温も下がり、冬が近づいてきました。冬の怖さは寒さだけではありません、エアコン、コタツ、電気ヒーター諸々にかかる電気代が怖いという方々も多いでしょう。でも毛布にくるまるだけじゃ嫌だし、どうにかしてでも暖かくなりたい。そんな人のために節電しつつ身も財布もあったかくなる方法をまとめました。


1人暮らしでエアコンはNG?冬の意外な節電ポイント
夏に盛り上がりがちな「節電」ですが、実際に電気代がかさむのって冬だから!素朴な疑問から節電の盲点までピンポイントにまとめました。

暖房器具のランニングコスト比較

冬の暖房費用を節約したい人にまず、おすすめしたいのが暖房器具の見直し。

燃料別に見ると、まだまだ電気より灯油の方が費用を格安に抑えられるので、マンションやアパート等の問題で使用ができないことを除いて、暖房器具はストーブやファンヒーターを使うのが最も暖房費を節約できます。

意外と知らない?暖房器具の電気代ってどれが安いの?
消費税増税、原油・野菜の高騰などにより、国民の生活は厳しさを増している中、さらにこの冬の寒い時期には「暖房器具」による電気代も気になるところ。エアコン、こたつ、オイルヒーター、電気カーペットなど、いろいろある中で、電気代が安いのはどの「暖房器具」でしょうか?節約方法もあるのでしょうか?


ランニングコスト、光熱費でみる暖房器具
光熱費で考える暖房器具の選び方。

電気代節約術

光熱費の中でも最も比重を占めているのが電気代ではないでしょうか?