もっと早く知っていればよかった最新シミ・そばかす対策


スキンケア
透明感のある白くもっちりとした肌。そんなシミやくすみ、そばかすのないキレイな肌は今も昔も女性の憧れですよね。

美白を保ったキレイな肌は男性にとっても女性を見る上での重要なチェックポイント。

ある製薬会社の調査によると男性の5人に4人が「女性の肌が気になる」と回答するほど、肌の美しさは私達が思う以上に男性にチェックされています。美肌はもう、モテ女子の必須条件。

でも、いくら注意していてもできてしまうのが、シミやくすみ、そばかす。

本当は自分をもって見て欲しいのに、「顔を近くで見られたくない」「アップで写真を撮られるのイヤ」こんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は美肌の敵、シミやくすみ、そばかすを消すスキンケア方法を大特集。

キレイな肌を保つためのスキンケア方法から気になる紫外線対策、そして、できてしまったシミやそばかすを消す方法にメイクでシミやそばかすをごまかす方法など、女性の憧れ、美肌を手に入るための方法を特集してみましたので、是非、参考にしてみてください。

美肌を保つスキンケア方法

白く美しい肌をいつまでも保つためのポイントは4つ。

1.紫外線対策

日焼け止め対策やUVケアは春や夏の晴れた日だけ。そんな人は要注意。紫外線は天候や季節に関わらず、降り注いでいるものです。油断することなく、1年を通じて対策するようにしましょう。

2.保湿対策

肌の乾燥は美肌の敵。肌の表面がしっかり潤っていると、新陳代謝も活発になり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、肌にハリと弾力性を持たせる成分がしっかりを作られます。

肌に潤いと栄養を与える保湿対策は1年を通して続けるようにしましょう。

3.日焼け対策

万が一、日焼けしてしまったら、すぐに対策。例え軽い日焼けでも何年も繰り返すと肌のダメージが蓄積され、老化を早めることに。

日焼けした肌は早めに冷水や氷などでクールダウン。その後、刺激の少ない化粧水などでしっかり肌に水分補強をさせましょう。

4.継続的な美白対策

美白化粧品が数多く発売されていますので、使用している人も多いかと思います。でも、効果が出ないからといってすぐにやめてしまっていませんか?

美肌化粧品の効果はすぐには表れないもの。肌に合わない場合を除いて、最低でも3ヶ月は根気強く使用してみましょう。半年たっても効果が表れない場合は、効果が期待できないと判断してもよいと言われています。

この4つのポイントを守って、キレイでみずみずしい肌を保ちましょう。

透明感のある肌になりたい!「美白ケア」の基本とは?
キレイな真っ白い肌は女性の憧れですよね。シミ、そばかす、くすみなどは美白の大敵なので、増えないようにしたいものです・・・。美白ケアの基本的事項をまとめてみました^^


いつもまでも美肌でいたい! 女子力の基本、スキンケアまとめ
10年後も20年後もキレイなつるつるお肌でいたい。女性でしたら、誰でもそう思いますよね。でも、そう思いながらもついつい偏った食事や夜更かしなど、不規則な生活をしてしまったり、スキンケアが肝心と言ってもスキンケア法やケア商品が沢山あって、どれがよいのかわからないなんてこと、ありませんか?人それぞれ、生活環境や生活様式が違うように、スキンケアもお肌の性質や状態によって違ってきます。そこで、今回は暖かくなり、紫外線が気になるこの時期に実践したい、スキンケアまとめをまとめてみました。

紫外線対策

紫外線はお肌の敵。これはもう誰しも知っていることですが、紫外線はその波長によって肌に与える影響が違います。

1.UVAが肌に与える影響

紫外線A波と呼ばれる「UVA」は肌が黒くなる日焼けを引き起こす紫外線です。「UVA」は雲や窓ガラスも通過するので、肌の奥まで影響を与え、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こす原因となります。

2.UVBが肌に与える影響

紫外線B波と呼ばれる「UVB」は肌の表面に強く作用する波長で、日差しを浴びた数時間後に、肌を赤く炎症させます。そのため、シミやそばかすの原因となるメラミンを増加させることになり、
こうした日焼けを繰り返すことで肌へのダメージが長年に渡って蓄積されていきます。

シワやたるみ、シミやそばかすといった聞きたくもない、肌のトラブルを引き起こす紫外線。

いつまでもキレイな肌でいられるように、しっかり対策しましょう。

塗るだけじゃ足りないかも…知っておきたい意外な紫外線対策
美容に興味のある女性なら、日焼けがシミやソバカスなど皮膚の老化現象は引き起こす原因であることはもうよくご存知のはず。UV乳液や日傘の予防や事後のスキンケアも大切ですが、紫外線対策には体の内側からメンテナンスしていくことが不可欠です。


日焼け前に食べてはいけない食べ物
美肌のために食べていたものが、しみ・そばかすの原因かもしれません。


美肌の敵、紫外線要注意! 絶対焼かないUV対策まとめ
太陽の日差しが日に日に強くなり、とうとう美白の敵、日焼けの時期がやってきました。ちょっとぐらいならという少しの油断がしみ・そばかすのもと。今年は徹底UVケアをして、いつまでも美しいモチモチ肌をキープしましょう。そこで今回は今年は絶対焼かないと決意したあなたのために、紫外線、日焼け対策徹底まとめをまとめてみました。

シミ・そばかすを消す方法

シミやそばかすの正体はずばり、メラニン。このメラニンを増やさないようにするためには1年を通して、紫外線対策をしっかりすることが大切です。

出来てしまったシミやそばかすを消すにはこのメラニンを消すことがポイントになります。

シミ 肝斑 そばかす■一刻も早く 自力で 消したい 女子のための 厳選ケア まとめ
シミにはたくさんの種類があるので、自身のシミがどのタイプのものか把握するのが対策の第一歩。シミの原因が異なれば対策は異なり、シミの中にも美白成分が有効なものもあれば、レーザー治療などが有効なものもあります。