自分にピッタリなメガネを見つけよう。オシャレなメガネ選びまとめ


メガネ
メガネはもうファッションアイテムの1つ。

毎日身に付けるメガネだから自分に似合うオシャレなメガネを選びたいと思うのは当然ですよね。

だけど、どんなメガネが私に合うのかわからないって人も多いはず。色々なタイプのメガネを試着するも結局、無難なデザインを選んでしまう。。。そんな経験ありませんか?

しかも、最近はファッションアイテムとして伊達メガネをかける人が増えている影響でオシャレなフレームが多くあり、余計、どれを選んだらよいのかわからない!なんてことも。

オシャレで自分に似合うメガネを選ぶポイントはまず、自分の顔の形を知ること。

顔の輪郭によって似合うメガネの形状は大体決まってきますので、自分の顔に似合うメガネを選ぶことがメガネ姿をオシャレにキメる近道です。

そして、次に「メガネをかけた自分をどう人に見られたいか」をイメージすること。

やわらかな印象に見せたいなら、丸みのあるフレーム、シャープな印象を持たせたいなら、四角いフレームなど、メガネのフレームの形状によって、見た目の印象がガラリと異なります。ですので、メガネを選ぶ時は「自分をどう見せたいのか」をしっかりイメージすることが大切です。

その他、メガネフレームの種類やお勧めメガネブランド、可愛く、格好良く見えるメガネ参考コーデにメガネメイクのコツなど、必ず見つかるオシャレなメガネ選び情報まとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

選ぶ前に知っておきたいメガネフレームの種類

一言にメガネと言ってもフレームの形状で印象がかなり変わります。

様々なシーンに合わせて考えたいメガネフレーム。その種類を見ていきましょう。

■フルリム

megane1
レンズの周囲すべてがふちで囲まれているメガネ。メガネのフレームの形状による分類のひとつで、もっとも一般的。

■ハーフリム

megane2
レンズの上半分だけがふちで囲まれているメガネで、いわゆる上縁メガネ。下半分をナイロンの糸で吊っているため、ナイロールとも呼ばれる。

■アンダーリム

megane3
レンズの下半分だけがふちで囲まれているメガネで、いわゆる下縁メガネ。逆ナイロールとも呼ばれる。

■ツーポイント

megane4
リムの無いフレームで、レンズ面に穴を開けて、ブリッジとヨロイ、テンプルをネジで直接固定するタイプ。

■オーバル

megane5
楕円形や、卵型の眼鏡フレーム。デザイン的にはもっともクセのない形で、女性に人気。

■ボストン

negane6
玉型(リムの形状)が丸みを帯びた逆三角形で、おむすびが逆になったようなメガネ。

■ラウンド

megane7
正円に近い形の眼鏡フレーム。

■スクウェア

megane8
角形の眼鏡フレーム。知的に見せる眼鏡フレームの代表。

■フォックス

megane9
目じりの方にいくにつれ、つり上がっていくカタチをしたフレーム。凛としたイメージを与える。

■ウェリントン

megane10
「玉型(リムの形状)が基本的には台形であり、上辺が下辺よりも長い」フロントデザインのもので、腕がフロントの最上部から出ているもの。

参考になるかもしれないメガネのフレームまとめ
メガネは顔の形や髪型、ファッションによって使い分けるべきですよね! 顔のタイプやファッション別に似合うメガネスタイルを見つける手助けに。

自分に似合うメガネ選びのポイント

ただ漠然と「似合っているかな」という感覚でメガネを選んでませんか?

「おしゃれの幅が広がる」「手軽にイメージチェンジできる」と、老若男女に人気のメガネですが、色や形、フレーム素材の選び方で、その人のお顔や瞳の印象を大きく変わります。

実際、やっと色やデザインが気に入ったフレームを見つけても、いざ、かけてみると似合わない。。。周りから不評の嵐。。。という経験をした人も多いのではないでしょうか?

失敗しないためのメガネ選びの基本は自分の顔の形に合ったメガネを選ぶことです。

■丸顔
角を強調した、目立つ厳格な感じの「スクエア型」などのフレームや正方形か少し長方形がかったデザインがお勧めです。

逆に丸いフレームラインは、ますます丸みを強調して丸顔に見えてしまうのでNG。

■四角い顔
オーバル型の縦幅が広い太フレームタイプがお勧め。あまり小さすぎない、丸みを帯びたフレームやフラットなラインのデザインだとよりGoodです。

逆に四角顔の方に角のあるフレームラインは、ますます角を強調して四角顔になってしまうので注意。

■面長の顔
顔を長く見せないためには、上下幅の狭すぎないフレームが吉。

大きく丸みを帯びていて、上下に幅のあるものが顔の長さをカモフラージュしてくれるのでオススメです。また、太めのフレームだとよりGood。

■三角顔・菱形顔
ツーポイントやラウンドタイプなど、丸みのあるフレームを選べば、シャープな顔を優しい印象にしてくれます。

逆に直線的な角張ったフレームはギスギスして見えるのでやめましょう。

その他、可愛くなる・格好良くなるメガネ選びのポイントまとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

「できる男」は皆メガネにこだわる!メガネで新しい自分を操る!
あのスティーブ・ジョブズもメガネには並々ならぬこだわりがあります。メガネをかけている人も、かけていない人も、メガネで印象をコントロールして、できる男を目指しましょう。