自分にピッタリなメガネを見つけよう。オシャレなメガネ選びまとめ


メガネはもうファッションアイテムの1つ

毎日身に付けるメガネだから自分に似合うオシャレなメガネを選びたいと思うのは当然ですよね。

だけど、どんなメガネが私に合うのかわからないって人も多いはず。色々なタイプのメガネを試着するも結局、無難なデザインを選んでしまう。。。そんな経験ありませんか?

しかも、最近はファッションアイテムとして伊達メガネをかける人が増えている影響でオシャレなフレームが多くあり、余計、どれを選んだらよいのかわからない!なんてことも。

オシャレで自分に似合うメガネを選ぶポイントはまず、自分の顔の形を知ること。

顔の輪郭によって似合うメガネの形状は大体決まってきますので、自分の顔に似合うメガネを選ぶことがメガネ姿をオシャレにキメる近道です。

そして、次に「メガネをかけた自分をどう人に見られたいか」をイメージすること。

やわらかな印象に見せたいなら、丸みのあるフレーム、シャープな印象を持たせたいなら、四角いフレームなど、メガネのフレームの形状によって、見た目の印象がガラリと異なります。ですので、メガネを選ぶ時は「自分をどう見せたいのか」をしっかりイメージすることが大切です。

その他、メガネフレームの種類やお勧めメガネブランド、可愛く、格好良く見えるメガネ参考コーデにメガネメイクのコツなど、必ず見つかるオシャレなメガネ選び情報まとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

選ぶ前に知っておきたいメガネフレームの種類

一言にメガネと言ってもフレームの形状で印象がかなり変わります。

様々なシーンに合わせて考えたいメガネフレーム。その種類を見ていきましょう。

■フルリム

megane1
レンズの周囲すべてがふちで囲まれているメガネ。メガネのフレームの形状による分類のひとつで、もっとも一般的。

■ハーフリム

megane2
レンズの上半分だけがふちで囲まれているメガネで、いわゆる上縁メガネ。下半分をナイロンの糸で吊っているため、ナイロールとも呼ばれる。

■アンダーリム

megane3
レンズの下半分だけがふちで囲まれているメガネで、いわゆる下縁メガネ。逆ナイロールとも呼ばれる。

■ツーポイント

megane4
リムの無いフレームで、レンズ面に穴を開けて、ブリッジとヨロイ、テンプルをネジで直接固定するタイプ。

■オーバル

megane5
楕円形や、卵型の眼鏡フレーム。デザイン的にはもっともクセのない形で、女性に人気。

■ボストン

negane6
玉型(リムの形状)が丸みを帯びた逆三角形で、おむすびが逆になったようなメガネ。

■ラウンド

megane7
正円に近い形の眼鏡フレーム。

■スクウェア

megane8
角形の眼鏡フレーム。知的に見せる眼鏡フレームの代表。

■フォックス

megane9
目じりの方にいくにつれ、つり上がっていくカタチをしたフレーム。凛としたイメージを与える。

■ウェリントン

megane10
「玉型(リムの形状)が基本的には台形であり、上辺が下辺よりも長い」フロントデザインのもので、腕がフロントの最上部から出ているもの。

自分に似合うメガネ選びのポイント

ただ漠然と「似合っているかな」という感覚でメガネを選んでませんか?

「おしゃれの幅が広がる」「手軽にイメージチェンジできる」と、老若男女に人気のメガネですが、色や形、フレーム素材の選び方で、その人のお顔や瞳の印象を大きく変わります。

実際、やっと色やデザインが気に入ったフレームを見つけても、いざ、かけてみると似合わない。。。周りから不評の嵐。。。という経験をした人も多いのではないでしょうか?

失敗しないためのメガネ選びの基本は自分の顔の形に合ったメガネを選ぶことです。

■丸顔

角を強調した、目立つ厳格な感じの「スクエア型」などのフレームや正方形か少し長方形がかったデザインがシャープさが出るのでお勧めです。特に直線的なスクエアタイプのメガネは縦幅の短いスクエアフレームでシャープな印象に。

また、セルフレームなどのラインの太いフレームより、メタルフレーム等ラインの細いフレームの方がすっきりと軽いイメージになりますし、下の縁が無いハーフリム(ナイロール)フレームもほっそり面長に見せる効果があります。

逆に丸いフレームラインは、ますます丸みを強調して丸顔に見えてしまうのでNG。

■四角い顔

オーバル型の縦幅が広い太フレームタイプがお勧め。角張って見せたくないなら、あまり小さすぎない、丸みを帯びたフレームやフラットなラインのデザインだとよりGoodです。

逆に四角顔の方に角のあるフレームラインは、ますます角を強調して四角顔になってしまうので注意。

■面長の顔

顔を長く見せないためには、上下幅の狭すぎないフレームが吉。

大きく丸みを帯びていて、上下に幅のあるものが顔の長さをカモフラージュしてくれるのでオススメです。また、太めのフレームだとよりGood。縦幅が広いウエリントン型メガネであれば、縦幅の広いメガネで面長をカバーできます。

また、下だけリムのある逆ナイロールフレームもお顔を短く見せる効果があります。色はカラーは膨張して見えるもの(暖色)がオススメ。

■三角顔・菱形顔

ツーポイントやラウンドタイプなど、丸みのあるフレームを選べば、シャープな顔を優しい印象にしてくれます。その場合、顔の輪郭に合わせたメガネフレーム、つまり、顔の一番広いところに収まるようなメガネフレームにしてください。また、ツーポイント(ふちなし)や、原色系ではなく淡い色やブラウンなどの肌なじみの良いフレームカラーが目立たないメガネもオススメです。

逆に直線的な角張ったフレームはギスギスして見えるのでやめましょう。

■卵型顔

卵型は基本的になんでも似合ってしまう羨ましい顔型。標準的な顔である俵型の顔の輪郭のメガネフレームは、ほとんどの形のメガネフレームで大丈夫です。ですので、むしろ顔の輪郭でメガネフレームを選ぶより、眉毛の輪郭でメガネフレームを選ぶようにしてください。

眉のラインとメガネのリムのトップラインが似ている形、特に眉ラインが合っていれば、顔にもナチュラルに馴染みます。

 

ネットで出来きちゃうメガネの試着

メガネ選びのポイントを抑えたら、実際に試着してみましょう。

と言ってもお店まで行く必要はありません。今ではネットでシュミレーションできちゃうんです。

トコトン試着シュミレーションして、自分に似合うおしゃれメガネを探しましょう。

注目のメガネブランド

■999.9(フォーナインズ)

999
日本の高級メガネブランド。ラインナップが豊富で、あらゆる年代にオススメ出来る国産ブランド。

■Silhouete(シルエット)

Silhouete
1964年にオーストリアで創立された高級メガネブランド。その軽さが特徴。

■LINDBERG (リンドバーグ)

LINDBERG
デンマーク製の高級メガネブランド。世界各国で数々の賞を受賞。

■alanmikli(アランミクリ)

alanmikli
フランスの高級メガネブランド。そのデザイン性の高さは唯一。

■Rodenstock(ローデンストック)

Rodenstock
ドイツの高級メガネブランド。素晴らしい快適性と安定性から世界各国の著名人が愛用している。

■Kamuro

一目でかわいい!と感じさせるキュートでポップなデザイン、掛けて楽しくなるデザインが豊富に揃っていて、全国のメガネ店で大人気だ。

■piaupiau

「着け心地のよい上質なもの」に仕上がっている秘密のひとつは、世界的なメガネ産地である福井県鯖江市から厳選された工場で、ひとつひとつていねいに作られていること。梨花さんのセンスとこだわりが詰まったデザインもさることながら、「着け心地のよい上質な」作りも魅力と言えそうだ。

■OBJ(オブジェ)

フレーム、サングラスともクラシカルなものから、ポップなもの、ちょっとアバンギャルドなものまで、幅広いセレクトが魅力。モノとしての美しさとメガネとしての機能美が両立した上質なデザインが選び抜かれている。バイヤーのセンスの高さを感じさせるチョイスだ。

■OPTICAL TAILOR CRADLE

セレクトの基準はオリジナルデザインの本物であること。また、オリジナルブランド、EFFECTORは、Rock on the Eyewearをテーマに骨太でインパクトのあるアイウェアの提案をしています

■オリバーピープルズ

落ち着いた雰囲気の中で、ブランドの世界観を堪能しながら、じっくりとメガネを選ぶことができる。

■EROTICA

「第六感のインスピレーションでセレクト」をコンセプトに、最先端の国内外からメガネ・サングラスを厳選しているほか、トレンド感あふれるメガネをリーズナブルに楽しめるオリジナルブランドも展開している。

■誠

「ちょっと型落ち」のフレームが中心だが「時を経るほどに愛着を覚える「創り手の想い」がつまったメガネ」を厳選しているので、少々古くても色あせない、完成度の高いデザインが豊富に揃っている。

■GLOBE SPECS

ドイツの可変式ブリッジがクラシカルかつ優しい印象の「ルノア」、水牛の角を加工して造るウィーンの「ハートマン」、ストイックな印象ながら良く見ると遊びがたくさんある「ヒエロ・ハウス」(これは日本発!)、カエルのマークに一目惚れするフランスの「EyeDC」など、もう個性を主張しまくる眼鏡フレームの宝庫です。

■MASUNAGA1905(増永眼鏡)

「伝える」(精神・ものづくりの姿勢、技)、「よろこび」(つくる、持つよろこび)、「かっこいい」(デザイン、ブランド)の3つのキーワードをコンセプトに、同社の歴史と技術の粋を結集したフレームを展開している。

■BOSTON CLUB

福井県鯖江市の眼鏡ブランド。JAPONISMやBCPCなどのクオリティの高いコンセプトブランドがある。

■Ptolemy48(トレミー48)

Ptolemy48(トレミー48)は日本の伝統工芸を支える職人技と「和」をテーマに、モダンな感性で仕上げたメガネが魅力のブランド。テンプル(つる)に蒔絵をあしらったフレームなど、日本の最先端技術と日本の文化・伝統工芸を組み合わせた個性あるコレクションを展開している。

メガネコーデ参考まとめ

10倍可愛く、格好良く見えるメガネのコーディネイトまとめ。是非、参考にしてメガネを選んで下さい。



おすすめ記事