一重だってココまでぱっちりに出来る!一重、奥二重さんのデカ目作成方法


2.次は、同じ手の中指を、人差し指と同じようにまぶたの目頭から目尻までゆっくりとなぞります。そうすると、目尻側にある人差し指と中指が揃いますので、日本の指でなぞって移動してきたまぶたの脂肪を、こめかみに流すような意識で一気に目尻側に流してやります。

3.この動作を、片目ずつそれぞれ10回ほど繰り返します。

この目を大きくするマッサージを、毎日繰り返して行えば、脂肪が原因で一重まぶたの方や、むくみが原因で腫れぼったいまぶたの方などは、すっきりした目になり、結果的に目が大きく見えるようになります。

まぶたの脂肪を燃焼するマッサージ法

1.こめかみを5秒間気持ちいいと思える力で押します。

2.目尻の周りの骨にそって5秒間気持ちいいと思える力で押します。

3.目の下まぶたの周りの骨にそって5秒間気持ちいいと思える力で押します。

4.目頭の周りの骨にそって5秒間気持ちいいと思える力で押します。

5.まゆのみけん側の周りの骨にそって5秒間気持ちいいと思える力で押します。

6.目を閉じて、黒目の上のほうにある骨のあたりを5秒間気持ちいいと感じる力で押します。

7.まゆ山のあたりの骨にそって5秒間気持ちいいと思える力で押します。

8.1から7までを3回繰り返す。

これを朝晩することによって目のまわりの脂肪やむくみが取れて二重まぶたの折り目が付きやすいまぶたになります。

アイプチ・メザイクで作る二重まぶた

芸能人やアイドルも多数愛用しているアイプチやメザイク。これで2、3年クセづけたら本当の二重になったという人も沢山います。

そんなアイプチやメザイクの正しい使い方を紹介します。

絶対二重になるアイプチの使い方
  1. 二重にしたいラインにアイプチを塗ります。ここまでは基本のやりかたと同じ。
  2. 目の際から二重にしたいラインまでの間をすべてアイプチで塗りつぶしてしまう。
  3. 乾いたら、もう一度上から塗って…合計3度塗り。
  4. 完全に乾いたら、アイプチの上に仕上げ用フェイスパウダーを軽くオン。
  5. アイプチにくっついてしまったまつ毛を戻したら、爪楊枝で二重にしたいラインを奥にグッと押し込む。
二重をくせづけるメザイク活用術

■メザイクとは?
メザイクとは、まぶたを一重から二重にするための化粧品のことで、伸び縮みする糸を二重にする想定線に食い込ませることで、深いくびれを作り、二重まぶたを作ります。

■メザイクがどうしていいのか?

  • 二重まぶたの形(幅や大きさ)を自由につくることができる
  • のりによる接着、テープを使用しないため、お肌への負担が低い
  • ウォータープルーフなので入浴や水泳も楽しめ、汗や皮脂にも強い
  • シャドウやマスカラ、アイライナー等のアイメークも自由にできる
  • 常に使っていると、自然と二重まぶたになることもある

■メザイクの使い方
1.二重の位置をプッシャー(アイプチの棒)などで、押して決めます。

2.1で決めた場所に下地としてアイプチを塗ります。

3.目は伏し目がちにして2の上にメザイクを食い込ませます。

4.両端に少しアイプチを塗り、余った部分をカットして完成。

より自然な二重にするなら、ローヤルアイム

ローヤルアイムは、塗って乾かすことで人工皮膜を作ります。この時、引締めながら皮膜を作るので、 塗った部分と塗られていない部分が境目になり折り込まれます。

この収縮を利用して、一重を二重にはもちろん、加齢により重く なったまぶたのリフトアップなど、アイムを塗るポイントで目元を 演出する事が出来ます。



おすすめ記事