とにかく桁違い!芸能人の副業事情、徹底公開!まとめ


■渡部建
お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建は有料会員ブログを開設していて、、情報発信以外に一般人が入れないようなお店を渡部が貸し切ってオフ会を開催したり、会員一人一人に場所や予算を考えてお店を紹介したりと充実したサービスを提供している。通常の有料会員サイトは月額1000円ぐらいが相場のため、少々高めの価格設定にも思えるが、入会希望者は後を絶たないそう。

もはや本業以上に副業で稼いでいる芸能人

島田紳助

2011年に芸能界を引退した島田紳助。芸能活動中から副業の寿司店やバーなどの経営に乗り出し、大成功。総資産40億円という噂で、現在もこれらの収入で年収が1億円あると言われている。

千秋

父親は日本板硝子株式会社の会長、伯父も三菱電機の元社長の千秋。

ビジネスを成功させる血筋がすごく、実業家としての嗅覚が優れているともみられ、3つのオリジナルブランドで大成功している。

  • 子ども服『リボンキャスケット』:7店舗にて展開。『年商50億円』を稼ぎ出す人気子供服ブランド
  • パワーストーンブランド『Love Stone』:通販のみの販売ながら1日200万円以上の儲けがあるとのコメント
  • ファッションブランド『チロル社』:PUNK精神を根底にしたブランドでTシャツや1点物の古着などを販売。
田中義剛

「花畑牧場」経営。生キャラメルブームで僕大な利益をあげた後、さまざまな商品を安定して作れる牧場へと大きく進化。昔はBtoC(コンシューマ向け)の営業形態だったが、今はBtoB(企業向け)に切り替えており、ローソンの「安納芋と黒胡麻のタルト」や「しゃぶしゃぶ温野菜」や「デニーズ」に使われるチーズも製造している。

副業を失敗した芸能人まとめ

中には副業で失敗して、莫大な借金を背負ってしまった芸能人も。特にバブル期の借金は桁違い。ハイリスク・ハイリターンの王道をやっちゃった芸能人まとめです。

こりゃ、桁違い! 芸能人・有名人の凄まじい借金事情を一挙大まとめ
人や消費者金融などから、お金を借りる借金。お金は人生を狂わせるとは言いますが、この話はテレビなどで活躍する芸能人にも当てはまるようです。しかもさすが芸能人、その借金の額も半端ない。



おすすめ記事