初めての海外旅行が不安な人が読むまとめ


初めての海外旅行は情報収集と事前準備が重要

初めての海外旅行、日本とは違う文化を体験したり、自分の知らない世界へ行くという楽しみでワクワクする半面、行ったことのない未知の土地へ不安も大きいと思います。

現地はどんな感じなのか?食べ物は合うのか?もし、海外でトラブルにあったら、どうすればいいんだろう?そもそも国内旅行と違って、何を持っていけばよいのか?飛行機が着いたらどうすればいいの?などなど。

国内のように何かあっても、現地の人に相談して何とかしてもらえるという安心感がない分、不安も高まるもの当然と言えるでしょう。

事実、調査機関によるアンケートの結果、次のような点で皆さん海外旅行に不安を抱えているようです。

  1. 現地の治安
  2. 盗難などのトラブル
  3. 言葉が通じないこと
  4. 衛生面
  5. 急な病気や怪我
  6. 貴重品の紛失

そこで今回は海外旅行がちょっぴり不安な人のために海外旅行の準備、基礎知識まとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

海外旅行での必須持ち物・役に立つ持ち物

初めての海外旅行だと何かと不安なので、どうしても荷物が増えてしまいがち。実際のところ、何を持っていけばいいの!海外旅行は国内旅行と違い、予想外のことがおきるもの。そんな時に持ってきておいて良かったと役に立つのが次のアイテムです。

■必需品

パスポート

スーツケースも持ったし、鞄もあるし、水着も入れたし、準備万端!と思ったらパスポートを家に置いて来た…ってありえないと思うかもしれませんが、意外とよくあるんですよ。

クレジットカード

海外旅行の必需品!海外ではクレジットカードは身分証明書の代わりにもなります。ホテルの宿泊やレンタカーを借りるときなど、クレジットカードがないと多額のデポジット(保証金)を請求されることも多い。

お金、通貨

交換レートに関しては決して良いとは言えないところも多いです。
できれば出発前に数万円程度でも両替していくのがいいかも。
また数カ国に旅行する場合などは、とりあえずは最初に行く国の通貨を持っていこう

トラベラーズチェック

旅行者用の小切手のことを言います。トラベラーズチェックの一番の利点は、紛失や盗難時に再発行が可能という点です。

■衛生面が不安なら

S字フック

海外ではホテルの床が汚いことがあるので荷物を掛けるのに便利。

除菌シート

海外ではレストランでおしぼりは出てきません。

トイレットペーパー

日本のように高品質な紙を使用していないので、肌に合わないことも

シャンプー・リンス・ボディーソープ

やっぱり自分に合っているものが一番。安めのホテルだと置いていないことも

歯ブラシ

現地のホテルには日本のように歯ブラシが備え付けてありません。スーパーで買ってもサイズが大きすぎて奥まで磨きづらい…歯磨き粉もだいたいがシップのような味がしてあんまり慣れないので、持って行くのが無難。

スリッパ

ホテルに備え付けのスリッパはまずありません。折りたたみのものを機内に持ち込めば、移動中もリラックスできて一石二鳥!

色柄物も除菌ができる酸素系漂白剤

洗濯には、小分けして持って行った酸素系漂白剤をちょっと使えば完全に除菌してくれるので部屋干ししても匂いません。

シルクシーツ

不特定多数の人が寝るホテルベッドに寝るのはなんだか気持ち悪い。そんな方はシルクシーツ!軽量コンパクト、生地はうすっぺらいのになぜかかなりの保温性。非常にキメ細かいシルク生地で、ダニも通さず、安宿でも安心して就寝できます。肌触りもいいので貧乏旅行だけでなく贅沢旅行にもおすすめです。

■万能アイテム

ビニールテープ

かばん縛ったり、破れた穴の補修など、何かと役に立ちます。

ムヒ

虫さされなどの対処に。

ジップロック

日本にあるような、小さなサイズのビニールバックは海外でなかなか見つかりません。小さいものはコンタクトのケースやピアスなど、細かいものを入れるのに便利。大きなサイズはカメラやスマホなど電化製品の防水に濡れた水着の保管と大活躍。

ゴムひも

あらゆる紐の中でオールマイティなのがゴムひも。伸縮性のあるゴムとしてはもちろん、限界までぴんと張ればただの紐としても使えるので、洗濯干し用ロープとしても、故障したスーツケースをぐるぐる巻くのにだって使えます。
嵩張らず、軽量で多用途なゴムひもが一番です。

ダウンベスト、ダウンジャケット

アウトドア用品のダウンベストは圧縮袋に入れれば本当に小さくなりますし、軽量で邪魔になりません。何より本当にあたたかいので、ほかの防寒具を減らせるのがいいですね。寒冷地への旅にうってつけの防寒具です。



おすすめ記事