迫り来るパンデミックの恐怖! 中国H7N9型鳥インフルエンザまとめ


 

 

H7N9型の鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が中国で相次いでいます。

 

感染者数、死亡者数も日を追うごとに増加しており、2002年世界的に大流行したSARSを思い起こす、非常に心配な状況となっています。

 

そこで、今回は世界的に蔓延する可能性を秘めているH7N9型鳥インフルエンザに関するまとめをまとめてみました。正しい知識を持って、賢く怖がるようにしたいですね。

 

 

◆鳥インフルwikiまとめ

まずはwikiで鳥インフルエンザに対する概要を頭に入れましょう。


 

鳥インフルエンザ
鳥インフルエンザとは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる鳥類の感染症である。鳥インフルエンザウイルスは、野生の水禽類(アヒルなどのカモ類)を自然宿主として存在しており、若鳥に20%の感染が見出されることもある[要出典]。水禽類の腸管で増殖し、鳥間では(水中の)糞を媒介に感染する。水禽類では感染しても宿主は発症しない。家禽類のニワトリ・ウズラ・七面鳥等に感染すると非常に高い病原性をもたらすものがあり、そのタイプを高病原性鳥インフルエンザと呼ぶ。現在、世界的に養鶏産業の脅威となっているのはこのウイルスである。このうちH5N1亜型ウイルスでは家禽と接触した人間への感染、発病が報告されている(但し、感染者はヒト型とトリ型のインフルエンザウイルスに対するレセプターを有していた。いまのところ、一般の人に感染する危険性はきわめて低い)。ヒトインフルエンザウイルスと混じり合い、人間の間で感染する能力を持つウイルスが生まれることが懸念されている。 将来、それが爆発的感染(パンデミック)になりうる可能性がある。

 

H7N9鳥インフルエンザの流行

H7N9新型インフルエンザの流行は、2013年3月末に人間への感染が中国で初めて発見されたインフルエンザである。病原体はH7N9亜型A型インフルエンザウイルスである。発見後3週間で、上海市、北京市、河南省、安徽省、江蘇省、浙江省で人への91例の感染が発見されそのうち17人が死亡している。4月22日現在、WHOは警戒レベルをフェーズ3(限定されたヒトヒト感染のおそれがある場合)としている。 各国の保健当局や外国旅行関連機関は、中国への旅行者に鳥をさわったりしないように注意を呼びかけているが、旅行自粛勧告などは出していない。人間から人間への感染は4月20日現在のところ否定されている(そのため「ヒトヒト感染」を条件とする感染症予防法第6条7項の1による「法律上の新型インフルエンザ」ではない。)が、原因となる動物(自然宿主)は、はっきりとわかっていない。遺伝子解析の結果、従来のH7N9ウイルスが人間に感染しやすいように変異していることが分かった。現在のところ、タミフルなど4種類の抗インフルエンザ薬に効果があることが判明している。

 

◆H7N9型鳥インフルエンザの基礎知識まとめ

H7N9型鳥インフルエンザに対する基礎知識まとめをまとめてみました。

 

専門家の意見などを参考し、もしものためにできることは準備しておきましょう。


 

人類滅亡の危険性がある鳥インフル変異種が誕生、その威力とは

2009年新型インフルエンザが世界的流行(パンデミック)になり、見えない敵に怖い思いをした記憶がまだ残っている人は多いはず。なんと今度は鳥インフルエンザを人工的にいじると、とんでもない威力をもってしまうウィルスが作成されたそうです。怖いー><。

 

日本上陸までに知っておきたい、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの基礎知識
H7N9型鳥インフルエンザウイルスによる人への感染が、中国で相次いで見つかっている。H7N9型とはどんなウイルスなのか? 世界的大流行(パンデミック)は起こるのか? わたしたちはどうしたらいいのか? インフルエンザに詳しい、北海道大学大学院の喜田宏特任教授に訊いた。