彼氏・彼女ができないのは出会いがないから・・・。素敵な出会い見つかるコツ


「最近、出会いがなくて、彼氏ができない」
「彼女が欲しいんだけど、社会人になって出会いの場がめっきり減った」

なんて異性との出会いの少なさを嘆いていませんか?

男女の出会いは見えていないだけで、実はすぐそこにあるもの。あなたがちょっと手を伸ばせば、すぐに手が届く。

そう、運命の人との出会いのチャンスはちょっとした心がけの変化と少しの勇気で劇的に広がります。ほんの少し視点を変えてみれば、出会いはすぐそばに転がっているのです。

もう、「出会いがない」なんて嘆くのはやめにしませんか?

そこで今回は、そんな彼氏・彼女いない歴を卒業したい出会いを求めている人たちへ、恋人ができる出会いを大特集。

出会いをきっかけを作る心がけから、色々な人の体験をもとにした彼氏や彼女との出会いエピソードや、もしかしたら運命の人との出会いが待っているスポットに人とのつながりのきっかけになるテクニックなど、自分から出会いをゲットするための情報まとめをまとめてみましたので、是非、参考にしてみてください。

まずは自分を見つめてみませんか?

彼氏や彼女がなかなかできない・・・。そもそも出会いがないし・・・。

そんな人はこんな風に思っていませんか?

出会いがないと思い込んでいる

出会いがないと思っている人が、出会えない最大の理由は「出会いがないと思っているから」です。

「出会いなんてあるはずない」と頭から決めつけていませんか?

実は目の前に出会いはあるのに、出会いと認めていない可能性はありませんか?

他のことで満足している

彼氏・彼女と出会えない人は、実は今の環境に恵まれている人が多い傾向があります。

恋人が欲しいと口では言っていても、よくよく聞いてみると本当は恋人やパートナーが欲しくないのでは?と思うことが多いです。

今の恵まれた状況が変わるくらいなら、一人でいいと思ってしまうと、なかなかいい人とは出会えません。

理想が高い

出会いがないと嘆く人は、「良い出会い」にこだわり、理想を追いすぎるあまり、現実が見えていないことが実に多いです。

「付き合う相手はこうあるべきだ」と条件が合わない相手をすべて対象外と決めつけてしまっていませんか?

そういった人は自分で自分のフィールドを狭くしてしまい自ら「出会いの場」を失っていると同時にせっかく近く素敵な相手がいても、出会いがないと思い込んでしまっている場合があります。

自分に自信がない

「自分には到底無理」、「自分には魅力がない」と卑屈になっていませんか?

卑屈になれば友達も、あなたを社交の場へ誘いたくなくなります。その結果、友人自体が離れ、せっかくに出会いの武器を手放すことになってしまいます。

いつも同じがいい

毎日同じ行動を繰り返せば、安心で安全。その気持ちはわかります。

でも、友達から誘われたバーベキューやお花見のようなイベント、会社の飲み会などに参加せずに出不精で家にいるだけでは、出会いもそれ以上増えることはありません。

恋人は欲しいのに”いい出会いがない”といつも言ってる人の特徴と出会い方
彼氏や彼女が欲しいと思っているのになぜかいつまで経っても恋人ができないと悩んでいる人は必見。実は共通点があった!梅雨が明ければ夏がやってきます。今年こそは夏のイベントに恋人と参加してみたい人は自分に「いい出会いがない」共通点に当てはまっていないかチェック!またいい出会いを見つける方法を紹介

出会いを呼び込む心がけ

ちょっとの勇気を持って、出会いがないを卒業しましょう。

「出会い」は待っているだけではもったいない!もしかしら「出会い」があなたを待っているかもしれません。

意識を変えてみよう

■思い込みを捨てる
「やっぱり男って、顔が可愛い女が好きだよね~」「女って格好良くて高収入の男に惹かれるんだよな~」

など勝手な思い込みはこの際、捨てましょう。

また、女同士・男同士など、同性といた方が気が楽という考え方はそれだけで異性との距離を置いてしまいます。

彼氏や彼女を作りたいなら、今のほうが楽という考えはやめませんか?

■高望みをやめてみる
外見だけで恋愛対象外にしている人にも目を向けてみましょう。普段、気にも止めていなかった相手もよく見るようにすると、意外と良い点が見つかるものです。

また、身長が、性格が…など欠点がない人なんて世の中にはいません。

欠点や短所を探し出して、それを理由に即座に恋愛対象外にするのではなく、その欠点は自分にとって本当に許せないものか?まずはよく考えてみましょう。

■過去のトラウマや恋人いない歴にとらわれない
失恋、二股など過去の恋愛にとらわれ過ぎたり、フラれるのが怖くて立ち止まってしまうと今、大事な未来へ前進できません。

過去はきちんと心の戸棚にしまい、「自分にもきちんと自分なりの魅力があるんだ」と、もっと前向き考えるようにしましょう。

■出会いの場はどこにでもあることを知っておく
職場から、ふと足を運んだバー、風邪で訪れた病院、よく立ち寄る本屋まで…人それぞれ、様々な場所で出会い、そして交際がスタートしています。

ないと思い込んでいた出会いは意外の目の前でふとした瞬間に訪れるもの。出会いはどこにでもあると考え方は変えてみましょう。

行動してみよう

■”おひとりさま”で行動してみる
出かける時はいつも友達と一緒と友達に合わせているのでは、出会いの可能性を狭めてしまいます。

運命の出会いは、あなたが個性を最高に輝かせている時に訪れるもの。おひとりさまを行動力をあげていきましょう。

■今まで行かなかった所へ出掛ける
今、出会いがないと感じているなら、今の生活圏内では出会いが少ないということ。

ショッピングセンター、美術館や博物館、スポーツジムやカルチャーセンター、どこでもいいんです。今まで行ったことのなかったところに足を向けてみましょう。

■誘いを断らないようにする
興味がない、とすぐに決めつけるのではなく、試しに足を運んでみましょう。

出会いの可能性を広げるポイントは今までと違った行動をしてみること。出来るだけ誘いは断らず、積極的に出掛けてみましょう。

■「友達の友達」を紹介してもらおう
友達づては、付き合ったとしても別れた時に報告しづらいし、プライドから避けたい事情もあるかもしれません。

でも、人脈は友達から広がっていくもの。最初は当たらなくても、友達の友達の友達と掘り下げて行けば、出会いも広がります。

■身近な相手に目を向けてみる
「付き合うことになった切っ掛け」の殆どが職場(取引先なども含む)、学校、部活、アルバイト先となっています。