雨の日のスタイリング、イライラしていませんか? 梅雨でもきまるヘアスタイル・ヘアアレンジ術まとめ


梅雨のこの時期、朝、髪型が思うようにセットできなくて、イライラすることってありませんか?

湿気が多い雨の日は、水分が髪の中に入り込むことで、ゴワゴワ髪になってしまい、髪がまとまりにくい状態になります。

特にくせ毛やパーマやカラーなどで髪が痛んでいる人はこの状態になりやすいの要注意!

でも、梅雨の朝を悩ますゴワゴワ髪、日頃のヘアケアをきちんとすれば、広がらずにスタイリングできるようになるんですよ。

そこで今回は、雨の日でもきちんとまとまる、ヘアスタイル・ヘアアレンジ、テクニックまとめをまとめてみました。

雨の上手にまとまるマル秘テクニック


広がったり、うねったり、髪型が崩れたり。セットしてもセットしても崩れる雨の日の髪。

雨の日は、ただでさえ暗い気分になりがちなのに、髪のスタイリングが、うまくいかないとなると、イライラしたりして、よけいに、 辛い気分になりますよね。

巻きが取れる、髪が広がる、クセが出てしまう…など、そんな雨の日限定の髪の悩みの原因は、やっぱり「湿度」と「湿気」。

雨の日に髪が広がってしまうのは「外気の湿気で毛髪内部の水分量が増える」のが原因です。

髪の毛の中に水分が入ると切れる性質があり、水分によって切れてしまうと髪の形が崩れ、その崩れた形でつながるので髪がうねったり、広がったりしてしまうんです。

そんな雨の日の髪を上手にまとめる方法とは?

■ドライヤーでしっかりと湿気を飛ばす。

髪の状態を決める大きなポイントとなるのが、ドライヤーの使い方です。

髪をかきあげて髪の根元をしっかり乾かしたり、指をジグザグに動かして髪の毛を振り動かすようにするのがポイント。

このように大胆に振り動かすことで髪の毛がきれいにリセットされます。

■髪を巻く前は、しっかりとスタイリング剤をつける。

何もつけずに巻くのはNG!直に髪にヘアアイロンを使うと髪が傷んで、もっとうねるようになってしまいます。

髪を巻く前に巻き髪用のスタイリング剤、キープウォーターなどを使用しましょう。

■常にブラシを携帯し、髪の広がりを防ぐ。

ブラッシングは、髪の汚れを落としたり、頭皮の血行を良くしたり、頭皮の余分な皮脂を髪にまんべんなく行き渡らせたりと、様々な効果があります。

目の粗いブラシを携帯し、広がりが気になってきたら、髪を傷めないようにゆっくり、やさしく、ブラッシングしましょう。

■翌日が雨確定なら、ケアを念入りにする。

明日は雨と分かっている場合は、前日にトリートメントやヘアパックなど、いつもより入念にヘアケアしてあげると、髪がまとまりやすくなります。

保湿効果の高いトリートメントを使い、水分を補ったりスタイリングの際には、濡らした状態で保湿クリームを全体に付けて保護しましょう。

トリートメントで髪の水分バランスをコントロールすることが翌日のスタイリングにつながります。

何とかしたい雨の日の髪・・・。キレイにまとまる方法とは?
広がったり、うねったり、髪型が崩れたり。雨の日の髪は、まとまらないと悩む女性も多いと思います。朝、頑張ってセットしても家を出た途端に崩れてしまったことはありませんか?たとえ雨でもキレイな髪をキープしていたいものですよね。まとまる方法をまとめてみました^^


知っておきたい“ぺたんこ髪”をボリュームUPさせるテク
髪の毛が柔らかくてすぐに「ぺたん」としてしまう(´;ω;`)朝のふんわり感が1日キープできない( ;∀;)どうしても最近それが気になってしょうがないです…。雨が降れば最悪なことになる髪をどうにかしたくてたまりません。

髪のうねり、こうすれば抑えられます!梅雨時期のくせ毛徹底対策


実は日本人の60%がくせ毛って知ってました?そんなくせ毛の髪が雨の日の湿気を吸うと、さらにうねりが強くなり、 広がってしまいます。でも、梅雨時期の湿気による髪の広がりは、ちょっとした工夫で改善することが可能です。ポイントは広がらない土台作りと、広がったときの賢いお直し方法。

■雨の日でも広がらないヘアケア方法

ダメージによって髪の内部が乾燥した髪は、より外気の余分な水分を吸収しやすく、湿気の影響を受けやすくなります。そんな傷んだ髪を補正するにはトリートメントによるヘアケアが重要です。保湿効果の高いトリートメントを使用し、朝のトリートメントを習慣づけましょう。

普段の生活では、ブラッシングの回数を増やすと水分がまんべんなく行き渡り、広がりを抑えられます。また、濡れた髪はキューティクルがはがれやすくなってしまうので、夜は髪をきちんと乾かしてから寝ましょう。

■髪が広がってしまった時の対処法

朝のスタイリングの際は濡れた状態からブローし、半乾きに乾かします。次に半乾きの状態でトリートメント剤をつけ、ブローし、7~8割程度乾いてきたら、カールブラシを使って仕上げます。外出先で広がりでスタイリングが崩れてしまった場合など、トリートメントやスタイリング剤がない緊急時はハンドクリームでも対応可能です。

雨の日に髪の毛がボワ~と広がらない方法
雨の日って髪がまとまらなくて大変ですよね。。


うねりまくる…梅雨本番に備えた髪のスタイリング法
暑くなり始めた5月ですが、ちらほらと雨も降り始め、梅雨の気配が漂う感じ。そんな梅雨本番に備えて、今からできる対策をまとめてみました。


【梅雨の湿気に負けない!】くせ毛対策
いよいよ6月も中盤。梅雨入りした地方もあるようです。雨の日に気になる髪の毛のくせ。なるべく目立たないようにするための対策をまとめてみました。


梅雨に負けない髪ケアを今から!
梅雨時は髪型が思い通りにまとまらない憂鬱なシーズン。朝頑張ってセットしても、外に出た途端に台無しに…なんていう経験はないでしょうか?今回はくせ毛でお悩みの方のために、梅雨時の髪のトラブルを解消するヒントをご紹介します。

雨の日でも巻き髪をキープするコツ


少しでも雨に当たったり、雨が降りそうな湿気の日は巻きが緩くなってしまい、テンションはだだ下がり・・・。

そんな梅雨時期には巻き髪を諦めている女子に巻き髪をキープするコツを紹介。

■まずはブロー

寝ぐせがついている寝起きやシャンプー後にいきなり巻いてしまうと持ちも仕上がりもイマイチ。ドライヤーで髪全体を軽く乾かし、とまりのある髪にしておけば、カールのツヤも変わります。

■次にスタイリング剤

髪を巻く前、もしかして何もつけずに巻いてしまっていませんか…?巻き髪用のスタイリング剤、キープウォーターなどは髪をコテの熱から守る効果もある上、使用することでカールが長持ちします。

■ヘアアイロンは必ず「高温」で

ヘアアイロンは低温の方が髪に負担をかけないと思われがちなのですが、結果的にコテを髪に長時間当てることになってしまいかえって髪が痛む原因に。逆に高温で短時間で巻くことによって巻きがキープでき、髪のツヤもアップします。ただし、高温だからこそ、髪を巻きつける時間には要注意。5~10秒程度で十分です。また、雨の日は細めのコテで巻くとカールの持ちが良くなるのでオススメ。

■熱はしっかり冷ます

コテを外した髪をすぐにほぐすのは絶対ダメ!髪の毛は熱でカールをつけた後、冷えるときに形状記憶されます。なので、巻いてすぐにカールをほぐそうとすると、巻きが取れてしまいます。巻き髪を長時間キープさせるには、巻いたあと、少し髪の毛の熱が逃げるのを待ったり、弱めの冷風で冷ましたあとに手ぐしでほぐすのがコツ。

■ワックスはソフトとハードのW使い

ソフトタイプ:ハードタイプ=3:2くらいの割合で、ファイバーワックスを混ぜて使うと、梅雨時の巻き髪のモチがグンとアップします。

■最後はスプレーでキープ力アップ

ワックスをつけてから、更にスプレーをかけて、カールキープ力をアップ。この時、内側と外側の両方向から、髪を持ち上げながら吹きかけるのが鍵です。